【ゴールド投資】金CFDリピート売買の方法と運用実績【毎月更新】

金ゴールドCFDリピート売買の仕方と運用実績金・銀リピート

こんにちは。金CFDをリピート売買している浅葱です。

金の投資というと、安全資産としてずっと保有しておくようなイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。

でも金の運用はリピート売買にとても向いている運用先なんです。

自分もリピート売買で金の運用をしていますが、始めてからたった半年で10万円以上の利益を得ることができました。

リピート売買は初心者でも簡単にできる運用法で、時間をとられずにできるというメリットがあります。

スポンサーリンク

金(ゴールド)CFDの運用実績【毎月更新】

金CFD運用結果202109
2019月間損益(取引損益)(金利調整額)累計損益(累計取引損益)(累計金利調整額)
11月3,1173,272-1553,1173,272-155
12月10,77411,406-63213,89114,678-787
2020月間損益(取引損益)(金利調整額)累計損益(累計取引損益)(累計金利調整額)
1月15,27515,791-51629,16630,469-1,303
212,97314,029-1,05642,13944,498-2,359
363,77265,398-1,626105,911109,896-3,985
4月31,19936,711-5,512137,110146,607-9,497
5月11,78411,971-187148,894158,578-9,684
6月14,45514,999-544163,349173,577-10,228
7月7,3767,406-30170,725180,983-10,258
8月30,83131,200-369201,556212,183-10,627
9月5,1285,201-73206,684217,384-10,700
10月3,2833,329-46209,967220,713-10,746
11月13,32714,432-1,105223,294235,145-11,851
12月22,56522,843-278245,859257,988-12,129
2021月間損益(取引損益)(金利調整額)累計損益(累計取引損益)(累計金利調整額)保有ポジション数含み損
1月3,6684,116-448249,527262,104-12,577
22,4162,475-9251,943264,529-12,586
315,25915,324-65267,202279,853-12,65114-219,306
4月12,61812,971-353279,820292,824-13,00415-185,602
5月24,51025,901-1,391304,330318,725-14,3957-67,338
6月6,5676,575-8310,897325,300-14,40312-171,233
7月10,90911,037-128321,806336,337-14,53110-126,563
8月6,5046,598-94328,310342,935-14,62511‐128,599
9月4,3894,399-10332,699347,334-14,63513-203,929

※単位:円
※保有ポジション・含み損は月末値、記録は2021/3から開始

資金8万円で1枚保有する計算で運用しています。かなり安全運用です。

それでもこれほどの利益率になるので、こまめに注文するのが手間でない人にはとても良い運用方法だと思います。

1枚当たりの目安資金は「目安資金と仕掛け幅の設定方法」のページに載せています。

金CFDリピート売買ってどんなもの?

金CFDとは

金は価値が変わりにくいため、株価などが暴落したときに反対に買われる傾向があります。

そのため金は安全資産と呼ばれ、株やFXなど他の運用をしている方はヘッジとして運用してみたいと考えている方も多いと思います。

しかし金を現物で運用する、これにはいろいろとデメリットが生じます。

金の現物運用デメリット
  • 手数料がかかる
  • 保管も大変
  • 売り買いが面倒
めんどう…

金の取引には売買時に手数料を取られ、家での保管も盗難などのリスクが付きまといます。

そして売買に直接店舗まで行かなくてはならないので迅速な取引ができません。あと面倒。

株券も電子化されたこの時代に、現物の取引はデメリットが多すぎます。

そのため、金を運用したいならCFDがおすすめです。

CFDとは「差金決済取引」のことで、現物を直接取引しない運用です。

FXなどと同様、パソコンやスマホでできる運用です。

金をCFDで運用するメリット
  • 手数料無料(※証券会社によって異なります)
  • 保管の手間や管理コストもなし(金庫も必要ありません)
  • いつでも売買可能(店頭まで足を運ぶ必要がありません)
  • レバレッジをかけられる(資金が少なくても始めやすい)

リピート売買とは

リピート売買とはあらかじめ買値と売値を設定しておき、下がったら買う、上がったら売るを繰り返して利益を上げる方法です。

リピート売買は正式には「グリッドトレード」と呼ばれます

リピート売買(グリッドトレード)

最初に注文を予約しておくので、設定さえすればあとは決済されるまで何もしなくてもよく、初心者にも簡単にできる運用法です。

リピート売買の特徴

リピート売買のメリットは、

  • 運用の手間が少ない・時間がかからない
  • 買い時や売り時が分からない初心者でも可能
  • 注文しておけば寝てる間でも利益が出る

という風に、投資になれていない人でも始めやすい運用です。

特に時間がとられないので、日中仕事をしている方などにもやりやすいメリットがあります。

そして価格が下がってもまた再度注文して上がったら利益が出るので、価格の上下に一喜一憂しない、平たく言えば「相場が動いてさえいれば利益が生み出せる」ともいえます。

価格が戻ってしまっても利益が出るのが他にはない特徴です。

金はリピート売買に向いている?

金の運用といえば、どんな印象をお持ちですか?

安全資産と呼ばれているため、保守的な運用、保有しておくものというイメージもあるのでは?

しかし、金の価格は割とよく動いています。

後述しますが金の価格は埋蔵量の限度や採掘コストから年々増加するといわれています。

しかし株価などの外的要因によって相対的に価格が変動するため、短期的には上下を繰り返しています

チャートを見てもジグザグになっていますね。

これは一定の幅で売り買いを繰り返すリピート売買に最適といえます。

金リアルタイムチャート(日足)

また変動率の高さは米ドル/円の2倍とさえ言われています。

そのため、リピート売買での利益率もなかなかのものです。

金CFDリピート売買の特徴

リピート売買の手法は金CFDだけでなく、FXでも同じように運用できます。

しかし、運用するにあたっての注意点が少しずつ違ってきます。

その中で、金CFD特有の特徴はどのようなものでしょうか。

金は値上がりしていく

金は長期的に見て値上がりしていく商品です。

(これは金自体に価値がある、金の採掘に一定のコストがかかる、金の埋蔵量に限りがあるなどといった要因によるものです。)

日経平均やNYダウなどの株価指数と同じように、上昇が見込まれる相場です。

そのため、運用する際は基本買いポジションのみを考えて運用していきます。

FX、つまり為替相場なら上下しますね。

でも金相場は株価指数と同様に上昇が続くと見込まれます。

FXのようにレンジを想定して仕掛ける必要がないので、より初心者向きの運用といえます。

金自体にも価値がある

また、金は株券とちがいそれ自体に価値があります。

金自体に価値があるというのは、株のように倒産して0円になる、などの可能性がとても低いともいえます。

短期での価格変動はもちろんありますが、もし暴落しても株のように価値が0になるリスクは低いと考えることもできます。

長期保有でスワップポイントを支払う

金CFDの価格調整額(スワップポイント)は買いポジションに対してマイナス。

保有し続けるほどに徐々にお金を支払う必要があります

1枚当たり1日10円くらいずつ取られるイメージです。
※証券会社や相場環境によって変わってきます

それって怖くないですか?
どんどんお金が無くなっていく…

それでも1年間売れなかったとしても3,650円。
ちゃんと計算すれば大きくはないコストです。

もちろん長期保有は不利になるので、この点も考慮して運用していきます。

とはいえ売買益に対しての支払う額は微々たる割合。

上記の浅葱の運用結果の表にも価格調整額を載せていますが、決済益がマイナスを大きく上回っていますね。

逆に売りポジションでプラスの価格調整額をもらえますが、売りでの運用は多大な損失を被る危険性があるので、運用に慣れた人以外はおススメできません。注意。

もしショート運用する場合も、リピート売買では行わず、しっかりチャートを読んで行いましょう。(上級者向きですので、ここではおススメしません)

マイナスの金利調整額を怖がってショートで運用すると大変ですね。

「買いは家まで、売りは命まで」という株の格言が金にも当てはまります。

金CFDをリピート売買するときの設定

金CFDのリピート売買の設定は、FXのリピート売買と考え方が違ってきます。

まず1枚当たりの資金量を求めてから、自分の資金で何枚まで運用可能かを考えてポジションをとる形になります。

特に私は「GMOクリック証券」で運用していますので、ポジション毎にロスカットレートが設定できる仕様上この考えが便利です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

金CFDリピート運用できる証券会社は?

金のCFD取引ができる証券会社はいくつかありますが、手数料が無料のところを選ばないとコストがかかってしまいます。

イチオシは『GMOクリック証券』での運用です。

手数料は無料、スマホアプリも使いやすく、CFD投資に力を入れている証券会社なので安定感があります。

コストも一番です。

他にも「マネーパートナーズ」や「DMM.com証券」は一度設定するだけでずっと運用できるので、コストよりも便利さを重視するならこちらもアリです。

株や為替等他の運用をしている方にも、金のリピート売買を取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • 手数料無料!スプレッドコストも小さい!
  • スマホアプリでもカンタン注文!
  • デモトレードも可能!
簡単5分で登録できます

タイトルとURLをコピーしました