【金CFDリピート売買】利確幅(決済幅)の決め方

金CFDリピート売買利確幅決済幅の設定金・銀リピート

仕掛け幅の設定(トラップ)を決めたら、次はいくら上昇したら決済するかという『利確幅(決済幅)』を決めます。

利確幅はリスク(ロスカットレート)に影響せず、単純に利益の大きさにつながります。

ちびあさぎ
ちびあさぎ

だから自由に決めてもOK。

正解はありませんので、いろいろ試してみても良いと思います。

しかし利確幅は狭すぎても広すぎてもデメリットが生じます

また、金相場特有の性質もありますので、以下に説明していきます。

スポンサーリンク

リピート売買の利確幅の広さによる特徴

まず、リピート売買(グリッドトレード)全般に共通する特徴をまとめてみます。

浅葱
浅葱

リピート売買ならFXでもCFDでも、自動売買システムでも手動でも共通する特徴です。

利確幅が狭い
利確幅が広い
  • 決済回数が多い
  • 1回の利益は小さい
  • 保有期間が短め
  • 相場がおとなしい時でも利益が出やすい
  • 相場が一方向に動くときは不利
  • 手数料・スプレッドコストの影響を大きく受ける
  • 決済回数は少ない
  • 1回の利益は大きい
  • 保有期間が長め
  • 相場がおとなしいと利益が出にくい
  • 相場が一方向に動くときも利益が出やすい 
  • 金利配当・スワップの影響を大きく受ける

どちらも良い点と悪い点があり、相場状況によって変わります。
ですので、その相場ごとに最適の利確幅を設定することが最適です。

といってもその時その時で相場環境は変わりますので、どの利確幅が正解かという答えは出せません。
試行錯誤していろいろ試すのが良いですね。

ただし、基本的に利確幅が狭すぎるのはNG!

狭いとたくさん決済するのですが、ダメなのですね?

初心者がやりがちなミスなので、注意です。

相場の動きによる違い

まず当たり前ですが、相場がおとなしい時は利確幅が狭いほうが決済数も多くなります。

あまりに広いと決済されませんので。

しかし大きく動く場合は広いほうが有利。

ちょっと比べてみましょう。

ここでは具体的に、金CFDで、利確幅(決済幅)を

  • 利確幅1ドル
  • 利確幅10ドル

の2つで比較します。

どちらも1ドル毎に買う設定で、値動きに対しての枚数が同じ(リスクが同じ)になります。

リピート売買の利確幅の比較
  • 金相場が1ドル動いたとき
    • 狭いほうは1つ決済され、利益1ドルです。
    • 広い方は決済されません。利益0です。
  • 金相場が10ドル動いたとき
    • 狭い方は10回の決済があり、利益が10ドルです。
    • 広い方はようやく1回の決済があり、利益は10ドルです。
  • 金相場が20ドル動いたとき
    • 狭い方は20回の決済で、利益20ドルです。
    • 広い方は11回の決済になり、利益は110ドルです。

あれ?最初は狭いほうが有利かと思ってましたが…

広いほうが利益の伸びが大きいですね。

当然ですが、相場が穏やかだと狭い利確幅が有利、活発だと広いほうが有利です。

ですが購入枚数が同じ(リスクが同じ)場合、広いほうが利益の伸びが大きくなります

もちろん相場は一方向に動いているときでも実際は細かく上下しながら伸びているため、狭い利確幅のほうはさらに決済数が増える傾向にあります。

ですが、それでも埋まらないほどの差ができます。

上記の例だと20ドル動いたとき、狭いほうは広いほうに追いつくまで90回の追加決済をしなければならないのです。

大きく値が動いた場合、利確幅の広いほうが大きな利益につながるのが分かります

コストの影響の違い

決済すると1回に付き手数料がかかり、さらにスプレッドの分だけ損します。

『スプレッド』とは買値と売値の差。

この分だけ取引コストがかかっています。

多くの証券会社で金CFDは手数料は無料ですが、スプレッドの分コストがかかります。

狭い利確幅は決済の回数が多くなるため、この影響が大きくなります。

この点でも狭すぎる利確幅は不利になります。

手間のかかり具合の違い

金はそれなりに値動きのある相場です。

寝てる間に下落して新規約定、その数時間後に上昇して決済されノーポジション、なんてこともよくあることです。

ですので利確幅が狭い場合、注文の手間が大変!

毎回注文するめんどくささや、新規注文の取りこぼしの発生など、狭すぎる利確幅にはやはり問題点が出てきます。

金利調整額(スワップポイント)による影響

さて、一般的なリピート売買の値幅による特徴を解説しました。

次は金CFD取引特有の特徴です。

金相場は株式相場と同じく一般的に上昇していく相場なので、「買い」での運用がメインになります。
(売りも可能ですが、リピート売買ではおススメできません)

しかし金のCFD取引は買いのポジションにマイナスの金利調整額(スワップポイント)がかかります。

金CFDはマイナス配当

金CFDにはマイナスの金利調整額がかかります。
※証券会社によって金利調整額の呼び方は異なります。

つまり、逆に配当をとられていくイメージです。

金利調整額は証券会社によっても違ううえ、時期によっても変動します。

長期運用の場合、運用中にも当然金利調整額は変動しますが、1枚当たり10円ほどになることもあります。

つまり、1ポジション当たり毎日10円失っていく状態ですね。

え、これって大きすぎません?

トータル利益がマイナスになるほどではありません。
でも頭に入れておきたい知識です。

毎日10円なら1年間もの間決済が無くても3,650円程度。
それほど大きなマイナスではないのですが、保有する期間が長いほど不利になっていきます。

それに毎日資産が減っていく。精神的にもつらくなってきます。
初心者にはこちらの影響のほうがあるかもしれません。

利確幅が広いと決済されずに日をまたぐ期間も長くなりますので、保有期間が長くなりがちな広めの利確幅ほど金利調整額の影響を強く受けます

狭すぎる利確幅は良くありませんが、広すぎる利確幅もまた違ったデメリットがあります。

利確幅にメリハリをつける

狭すぎても広すぎてもダメ!じゃどうするの?

値動きによって幅を変化させる方法があります。

金は安全資産と呼ばれているだけあって、急下落してもすぐに買いが入りやすい性質があります。

チャートでもV字を描いているところがいくつも見られますね。

GOLD202006

この急回復に乗れれば、利確幅を広げても保有期間が短くなるので金利調整の影響は受けづらく、1枚当たりの利益は大きくなります。

ですので私は、普段はある程度狭い利確幅で枚数を縛って運用し、大きな下落で買い下がったポジションは広めの利確幅を設定する、という方法をとっています。

浅葱の注文例

普段は20ドル幅に一つづつ買い下がるように指値注文を2つくらい入れてあります。
その注文が通ったら下にまた指値注文を追加、という感じですね。

その注文が短時間に新規約定されるような急な下落があったら、新規に建てる注文は利確幅を20ドル以上に広げます。
同時に仕掛け幅を広げると暴落時に買いすぎるリスクも防ぎつつ利益を期待できる状態になります。

利確幅に正解はありません。

リスクに影響せず、自分の利益に直結する値ですので、慣れてきたら自由に設定を変化させて自分なりのベストを見つけてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました