株価指数リピート

GMOクリック証券でCFDの手動リピート売買【設定・目安資金】

GMOクリック証券でCFDリピート売買
株価指数CFDをGMOクリック証券で手動リピート売買する際の注文方法や注意点を解説します。

株価指数CFDは上昇が見込める相場なので常に買い目線での取引で良く、スワップ(配当)をもらえる運用先も多いので、リピート売買で運用しやすい特徴があります。

それにルールがカンタン。初心者でもテクニカル分析などできなくても運用できる方法です。

GMOクリック証券には自動売買システムはないため手動での注文となりますが、手間がかかる分コストなどが有利になります。

GMOクリック証券【CFD】口座開設(無料)の説明はこのボタンをタップ/クリック

GMOクリック証券【CFD】口座開設

 

CFDとは?

CFDとは差金決済取引といわれます。

株価指数や金、原油などの価格に対して売買を行います。

浅葱が現在運用している『イギリス100』はイギリス株価指数FTSE100をもとにした指数です。

イギリスの株価が低い時に買って、高くなったら売れば差額の利益が手に入る、といったイメージです。

CFD取引の特徴

特徴はいろいろありますが、

  • 比較的少額で指数に投資できる
  • 手数料無料
  • 保有期限がない

というメリットがあります。

 

リピート売買とは

リピート売買

リピート売買とは正式にはグリッドトレードといいます。

またはトラップトレードとも呼ばれ、あらかじめイフダン注文(新規と決済を同時に注文)を等間隔にセットしておき、相場の波の動きによって利益が自動的に出る注文方法です。

 

なんて文章で説明するより、上のイラストを見てもらうほうが一目瞭然ですね。

 

要はあらかじめ買いと売りの注文を仕掛けておき、値段が上がったり下がったりすれば新規→決済と自動的に利益が出るという注文法です。

 

トラリピやループイフダンなどFX自動売買によるシステムが有名ですが、仕組みが単純なため、自動売買でなく手入力の注文でも可能です。

巷では手動トラリピなんて言われることもあります。

リピート売買の最大のメリットは、損切りの必要がなく相場の流れも読む必要がない点であり、初心者に向いている手法といえます。

 

株価指数CFDでのリピート売買はメリットがたくさん!

リピート売買のメリット

  • 損切りの必要が無い
  • 相場を予測しなくても良い
  • ほったらかしでよく時間をとられない

損切りの必要がない

損切りとはそれ自体が運用失敗みたいな印象ですが、実は重要な投資のテクニック。

自分の資産を守るために欠かせないものです。

しかしそれゆえ初心者にはそのタイミングが難しいもの。

ものすごく下がってから遅すぎる損切りをして大損害!とか、

損切りした後すぐに元に戻って「損切りしなきゃよかった~!」とか、よくあることです。

 

でも、リピート売買は損切りをしない運用法です。

 

もちろんこれには良い点も悪い点もありますが、難易度の高い損切りをしなくていいというのは初心者にとってメリットになります。

相場の予測が必要ない

リピート売買は一定の間隔で買いと売りをあらかじめ仕掛けておく手法。

なので、チャートを見て上がるか下がるかを予想してエントリーしたり利確したりする必要がありません。

テクニカル分析を知らなくても可能です。

決済タイミング考えなくても良い

初心者には難しい注文タイミング。

いつ注文するのがいいのか、利益確定はいつか、もう決済しちゃってもいいの?もっと値上がりするんじゃない?あっ下がっちゃった!どんどん下がるよどうしよう、え?損切り?したことないよ~(以下略)

などといったことがリピート売買なら起こりません。

初心者に優しい手法です。

時間をとられない

仕事をしながらだと運用に割く時間がなかなか取れなくて大変です

リピート売買は最初に注文を設定しておくので、相場に張り付いている必要がありません。

日中仕事をしている人など時間に余裕が無くても運用できることも大きなメリットです。

配当益と決済益の両方が狙える

ほっといても勝手に新規注文と決済注文をしてくれるので値上がり益が出るのはもちろん、決済しない間も配当(価格調整額)がどんどん増えていきます

リピート売買は含み損をもつポジションを保有することになると思いますが、それにも配当が貯まるので利益に貢献できるのはもちろん狼狽売りを防いだりする精神的なメリットもあります。

株価指数CFDでのリピート売買のデメリットとは

リピート売買のデメリット

  • 含み損を常に抱えるため途中でやめづらい
  • 裁量トレードの上手な人に比べ資金効率が悪い

途中でやめづらい

リピート売買は損切りをしない関係上、含み損を常に抱えます。

ですので、初めてしばらく(数年単位)の間は運用状況がマイナスになる可能性があります。

ここでやめようとすると強制決済=確定損失になるので、途中での運用撤退は痛手を被ります。

ここがリピート売買の最大のデメリット。相場環境によっては途中でやめられないのです。

 

リピート売買は短期で大きく儲ける“一発当てる”ような運用ではありません。

長い間コツコツ利益を積み上げる資産運用です。

始めるなら長期目線で。

少額でチャレンジ

途中でやめることができないので始めにくいという方は、まず少額で運用することをおススメします。

少額での運用に慣れてきたら、徐々に増やしていきましょう。

資金効率が悪い?

含み損を常に抱えるので、一般的なトレードよりも資金が多めに必要になります。

とはいえそのような運用で利益を簡単に出すのは難しいもの。

初心者でも簡単に運用できるのがリピート売買の強みです。

もちろん定期預金や一般の株式運用に比べると利益は大きいものになります。

 

リピート売買を始めるならGMOクリック証券が便利

ここがメリット
  • コストがオトク
  • 少額からできる(=自分の資金に合った注文ができる)
  • 設定の自由度が高い

GMOクリック証券でリピート売買する場合、自動売買システムがないため自分で設定を考えて注文する必要があります。

他社に比べて面倒ですが、その分自分の好きなように設定できたり相場の状況によって変更したりできるメリットもあります。

 

またコスト面でも有利

リピート売買は何度も注文を繰り返すため、もしも手数料が高かったりするとその影響はどんどん重くなっていきます。

しかしGMOクリック証券のCFDは注文手数料や金利手数料がかからず、スプレッドもくりっく株365と比べてとても小さいため、小さな取引を何度も繰り返すリピート売買では有利になることも見逃せないメリットです。

注文手数料 スプレッド 金利手数料
GMOクリックCFD 無料 無し
トライオートETF 無料 あり
ループ株365 約150円 あり

 

1注文当たりの枚数もくりっく株365の1/10ですので、資金が少なくても運用できるほか、値動きの大きい指数の取引もしやすいです。

 

 

まとめ

以上がCFD取引をリピート売買する方法です。

ループ株365のような自動売買システムがコスト抑えて出現してくれたらいいんですけどね。

ただ注文に手間がかかるといっても、2週間に一回、10分もあればいいので、それでコストが抑えられると考えればそこまでの労力では無いと思います。

このCFD手動リピート売買の収支は運用結果に載せていきます。

CFD運用設定と運用実績
【株価指数CFDリピート売買】設定と運用実績【毎月更新】株価指数CFDのリピート売買はコスト面で大きなメリット!チャートを予測しなくても可能で時間のとられないリピート売買での運用をするための設定と、運用実績を公開しています。...

GMOクリック証券【CFD】口座開設(無料)の説明はこのボタンをタップ/クリック

GMOクリック証券【CFD】口座開設

こんな記事もおススメ