CFD取引

GMOクリック証券でCFDの手動リピート売買【設定・目安資金】

GMOクリック証券CFDリピート売買
株価指数CFDをGMOクリック証券で手動リピート売買する際の注文方法や注意点を解説します。
ループ株365トラリピCFDをGMOトライオートで
CFD自動売買におススメの運用先比較【くりっく株365上場廃止】くりっく株365の上場廃止の影響でループ株365、トラリピCFDなどの取引所CFD自動売買を利用していた方に、おススメの運用先を紹介します。【トライオートETF・GMOクリック証券CFD】...

くりっく株365の長期保有ができなくなった関係で、くりっく株365の自動売買システム『ループ株365』に代わる運用先としてGMOクリック証券のCFD取引をすることにしました。

GMOクリック証券には自動売買システムはないため手動での注文となりますが、手間がかかる分コストなどが有利になります。

GMOクリック証券の口座開設(無料)はこちら

GMOクリック証券【CFD】

外国株訴求A外国株訴求B

リピート売買とは

リピート売買

リピート売買とは正式にはグリッドトレードといいます。

またはトラップトレードとも呼ばれ、あらかじめイフダン注文(新規と決済を同時に注文)を等間隔にセットしておき、相場の波の動きによって利益が自動的に出る注文方法です。

なんて文章で説明するより、上のイラストを見てもらうほうが一目瞭然ですね。

トラリピやループイフダンなどFX自動売買によるシステムが有名ですが、仕組みが単純なため、自動売買でなく手入力の注文でも可能です。

巷では手動トラリピなんて言われることもあります。

リピート売買の最大のメリットは、損切りの必要がなく相場の流れも読む必要がない点であり、初心者に向いている手法といえます。

〇リピート売買のメリット

  • 損切りの必要が無い
  • 相場を予測しなくても良い
  • ほったらかしでよく時間をとられない

×リピート売買のデメリット

  • 裁量トレードの上手な人に比べ資金効率が悪い
  • 含み損を常に抱えるため途中でやめづらい

 

GMOクリック証券でCFDをリピート売買するメリット

ここがメリット
  • コストがオトク
  • 少額からできる(=自分の資金に合った注文ができる)
  • 設定の自由度が高い

GMOクリック証券でリピート売買する場合、自動売買システムがないため自分で設定を考えて注文する必要があります。

他社に比べて面倒ですが、その分自分の好きなように設定できたり相場の状況によって変更したりできるメリットもあります。

また注文手数料や金利手数料がかからず、スプレッドもくりっく株365と比べてとても小さいため、小さな取引を何度も繰り返すリピート売買ではコストの影響が小さいことも見逃せないメリットです。

注文手数料 スプレッド 金利手数料
GMOクリックCFD 無料 無し
トライオートETF 無料 あり
ループ株365 約150円 あり

 

1注文当たりの枚数もくりっく株365の1/10ですので、資金が少なくても運用できるほか、値動きの大きい指数の取引もしやすいです。(参考:NYダウをループ株365で運用する場合の必要資金

手動リピート売買のデメリット

一方GMOクリック証券でCFD手動リピート売買をする際のデメリットはこちら

ここがデメリット
  • 自動売買ではなく手動でやるのでめんどくさい
  • 予約注文が2週間後までしかできないので、2週間ごとに再注文を手動でやるのでめんどくさい

要はめんどくさいんです。

逆に言えばめんどくさい以外の欠点はこれといって無く、注文作業(マウスポチポチ)が手間でなければ自動売買よりもコストを抑えてリピート売買をできるといえます。

 

GMOクリック証券CFD リピート売買の設定

設定は自分の好きなように決めてOK。

でも注意点がいくつかあります。

株価指数「イギリス100」での設定を例にして説明します。

浅葱のCFDリピート売買設定
  • 運用銘柄:イギリス100
  • 運用資金:1枚につき5万円を目安
  • エントリー幅:10pips
  • 決済幅:100pips

 

ポジションは「買い(ロング)」のみ

FXと違い株価指数は長期目線では基本上昇するものなので、売りポジションは取りません。

両建てできなくなるためFXより効率が落ちるかもしれませんが、そこは価格調整額(配当)も狙っていきたいと考えています。

ロスカットレートについて

まずは最悪の状況を考え、リーマンショッククラスの暴落でも耐えうる1枚当たりの必要資金を出してみます。

ちなみに1枚当たりの取引価格は、

「株価レート」×「ポンド/円レート」×0.1

となります。

イギリス100は為替の影響を受けるので、くりっく株365とは違いますね。

ですので下落額ではなく下落幅で見てみましょう。

イギリス100はリーマンショック時の下落幅が6800→3400ポイント、約50%下落といったところです。

イギリス100月足チャート

一方為替のほうはこのような感じです。

ポンド円月足チャート

約250円から120円まで、こちらもほぼ50%といったところ。

株価、為替ともに50%下落したとして、取引価格は

「7500/2」×「135/2」×0.1=25312.5円

現在の取引価格が

7500×135×0.1=101250円

すると下落価格は

101250-25312.5=75937.5円

それに必要証拠金1万円を加え、8.5万円あればリーマンショッククラスの暴落も乗り切れる!となります。

リーマンショッククラスの暴落でも大丈夫にするなら1枚当たり8.5万円

ただ、これは最悪の事態を想定した場合です。

正直このルールでやると、ただでさえ動きの小さい「イギリス100」ですから利益率がとても小さくなると思います。

現在のポンド/円もリーマンショック最安値とあまり変わりませんし、それほどの下落を想定しなくてもいいと個人的には考えています。

というわけで上記と同様の計算を近年の暴落「ブレグジット発表」と「2018.2NYダウ暴落」の2つでしてみました。

この二つはリーマンショックと違い1日~数日での下落なので、急激な暴落のケースとして最適ではないでしょうか。

そして結果、

  • ブレグジット時:51,585円
  • 2018.2月時:19,510円

となりました。

この結果から、1枚あたり5万円くらいの証拠金を用意する形で運用しようかなと考えています。

これでも正直多いと思っています。が、実際暴落に巻き込まれた場合、本来耐えられるとした水準の50%に差し掛かった程度でも恐怖感がでて、損切りを考えるようになります。

人によると思いますが、結果的には損切りせず耐えればよかった暴落で自ら決済し大きな損失になったことが浅葱は数回ありました。

なのでちょっと多いくらいでの運用がいいかなと考えます。

購入枚数について

購入枚数は上記の1枚当たりの金額×枚数が入金額を超えないように購入するだけです。

1枚当たり○○円で買う!というルールで買う場合、注文枚数がそのままリスク管理の指標となるメリットがあります。

GMOクリック証券のCFD取引は自動売買運用ではないため、下落しても自動で新規注文することなくあらかじめ自分が指値注文した分しか新規枚数が増えません。

ですので自分の口座入金額に応じて注文枚数を調整すれば、仕掛け幅や決済幅に関係なく枚数のみでリスク管理できます。

例えば50万円入金したなら、1枚当たり5万円なら10枚まで買える、新規注文は10枚を超えないようにしよう、と考えていきます。 

仕掛け幅について

これも直近のレンジ幅を参考にして、上記の枚数を超えないように注文します。

ここ最近だと6500~7500のレンジ内にいるので、10枚を均等に買うなら100pips毎に1枚注文となります。

ただ自動売買と違い自分で予約注文した以上の枚数は増えないため、修正が容易です。

そのため、自動売買での安全重視の広く浅く仕掛ける方法でなくてもいいのではとも考えています。

あまり広くしすぎると利益も小さいですので、普段はもっと細かく仕掛け、予想より下落したなら素直に我慢するか資金を追加してから注文するかのどちらかをとるつもりです。

例えば現在値が7500なら、10枚買う場合7400~7500の間に10pips毎に均等に買い、さらに下落した場合は追加資金を入れてから追加購入するor我慢するという感じです。

もし大きく下落して購入を我慢する状況になっても、イギリス100は配当が大きいので安心して待つことができます。

ループ株365では下落時に自動でポジションを増やすため、安全を考慮して一番広い仕掛け幅で運用していました。そのため利益率も低くなっていました。GMOでは臨機応変にやっていきます。

決済幅

これはその指数の1日の値動き幅などから判断します。

イギリス100なら100pipsもあれば十分かと。

米国30(NYダウ)なら1日に数百pips動くのが普通ですのでもっと広げたほうがいいですね。

 

購入手順

手動リピート売買ですので、例えば7400~7500に注文する場合、IFD注文で注文します。

GMOクリックCFD注文画面

IFDだと新規と決済を同時に注文できるので便利です。

この調子で7410~7510、7420~7520・・・と入力していきます。

 

ただ値動きの小さいイギリス100のような株価指数だとめったに注文にならずめんどくさいかもしれませんので、まず普通の指値注文をして、新規約定してから決済注文をしても良いかもしれません。

ロスカットレートの変更

GMOクリック証券のCFD取引ではポジションごとにロスカットレートが設定され、下落しても全ロスカットとはならずに個別にロスカットされる安全なシステムを採用しています。

しかしそのロスカットレートは割と浅いところに自動で設定されるため、手動でロスカットレート変更を行わないと簡単にロスカットされてしまいます

ここ重要!

ロスカットレート変更は注文一覧から変更できます。

GMOロスカットレート変更 GMOロスカットレート変更2
変更は注文前・注文後どちらでもできます。

2週間に1回再注文します

GMOクリック証券では予約注文が「翌週末」までしかできません。

ですので2週間に1回は注文のし直しが発生します。

ここはちょっとめんどくさい。

注文失効した場合、週末に失効通知がメールで届きますのでそれを見て再注文しましょう。

 

まとめ

以上がCFD取引をリピート売買する方法です。

ループ株365のような自動売買システムがコスト抑えて出現してくれたらいいんですけどね。

ただ注文に手間がかかるといっても、2週間に一回、10分もあればいいので、それでコストが抑えられると考えればそこまでの労力では無いと思います。

このCFD手動リピート売買の収支は運用結果に載せていきます。

CFD設定と運用実績
【CFDリピート売買】設定と運用実績【毎月更新】GMOクリック証券のCFD取引による運用収益を紹介しています。またCFDを手動でリピート売買する際の設定や目安資金なども載せています。...

GMOクリック証券の口座開設(無料)はこちら

GMOクリック証券【CFD】

 

外国株訴求A  日本225訴求

 

こんな記事もおススメ