CFD取引

【CFDリピート売買】設定と運用実績【毎月更新】

CFD設定と運用実績

ここではGMOクリック証券で運用中のCFD取引について、

  • 運用実績
  • 設定

を載せてありますm(__)m

外国株訴求A外国株訴求B

CFD取引の設定と運用実績

運用実績(毎月更新)

スマホユーザーの方で表が見切れる場合は横にスライドできます。
年月 月間損益 (うち配当損益) 累計損益 (うち累計配当)
19/06 1,371 0 1,371 0
19/07 2,860 0 4,231 0
19/08 19,103 0 23,334 0
19/09 32,725 2,964 56,059 2,964
19/10 36,646 0 92,705 2,964
19/11 49,144 1,976 141,849 4,940

※単位:円

現在の設定など

以前ひまわり証券のループ株365で行っていたCFDのリピート売買を、くりっく株365の制度変更に伴いGMOクリック証券のCFDに移行して運用しています。

CFDリピート売買設定
  • 運用商品:イギリス100
  • 決済幅:100pips
  • 注文幅:10pips
  • 運用資金:1枚当たり5万円を目安
  • 1ポジション当たり1枚の注文

運用商品

イギリス100を運用しています。

値動きが小さいため決済チャンスは多くは訪れませんが、逆にそれが『必要資金が少なくて済む』『再注文の手間が多くない』というメリットになる面もあります。

また配当に当たる価格調整額も大きいのも見逃せません。

過去の比較だとくりっく株365のFTSE100よりも大きい額になります。

また、くりっく株365・ルーム365で運用経験があるという個人的な理由もあります。

注文幅とポジション数・ポジション当たりの枚数

こちらは相場状況や自分の運用可能資金などにより柔軟に変えていく予定です。

目安資金の運用ルールとしては、1枚当たり5万円を目安にして、相場の変動でそれより多くのポジションをとりたい場合は資金を追加してから対応します。

あるいは資金が無かったら我慢します。無理にポジションをとりすぎないことが大事。
設定の理由はこちらの記事に詳しく解説しています。
GMOクリック証券CFDリピート売買
GMOクリック証券でCFDの手動リピート売買【設定・目安資金】GMOクリック証券CFDのリピート売買(手動トラリピ)の注文方法や設定・目安資金を解説します。手数料無料で配当も良く、くりっく株365からの移行先としてもおススメ。ロスカットレート変更などの注意点についても説明します。...

 

CFDとは?

CFDとは差金決済取引です。

株価指数や金、原油などの価格に対して売買を行います。

浅葱が現在運用している『イギリス100』はイギリス株価指数FTSE100をもとにした指数です。

イギリスの株価が低い時に買って、高くなったら売れば差額の利益が手に入る、といったイメージです。

CFD取引の特徴

特徴はいろいろありますが、

  • 比較的少額で指数に投資できる
  • 手数料無料
  • 保有期限がない

というメリットがあります。

CFDリピート売買のメリットデメリット

浅葱はリピート売買の手法でCFD取引をしています。

リピート売買はFXだと有名な手法で特に自動売買として人気ですが、仕組みが簡単なためCFDでも採用しています(自動ではありませんが)。

時間がとられない

仕事をしながらだと運用に割く時間がなかなか取れません。

リピート売買だとあらかじめ注文しておくだけでいいので、運用にかける時間がほとんどとられません。

配当益と決済益の両方が狙える

ほっといても勝手に新規注文と決済注文をしてくれるので値上がり益が出るのはもちろん、決済しない間も配当(価格調整額)がどんどん増えていきます

リピート売買は含み損をもつポジションを保有することになると思いますが、それにも配当が貯まるので利益に貢献できるのはもちろん狼狽売りを防いだりする精神的なメリットもあります。

決済タイミングを考えなくても良い

初心者には難しい注文タイミング。

いつ注文するのがいいのか、利益確定はいつか、もう決済しちゃってもいいの?もっと値上がりするんじゃない?あっ下がっちゃった!どんどん下がるよどうしよう、え?損切り?したことないよ~(以下略)

などといったことがリピート売買なら起こりません。

注文が手間(面倒)

FXなら自動売買のシステムが各社から用意されていますが、CFD取引だと普及していません。

ですので手入力で注文する必要があります。

約定した場合はメールで通知がありますのでそれを見て注文をし直し、また2週間に1回失効注文を再注文します。

といっても数分の作業ですので手数料無料などのコストメリットを考えるとそこまでの負担にはなりません。

 

CFD取引におススメの口座はこちら

CFD取引自体はさまざまな証券会社で取り扱いがあります。

浅葱が運用しているのはGMOクリック証券です。

手数料無料でスプレッドも狭くコストパフォーマンスが高い点に加え、ツールが使いやすくPC・スマホどちらでも使いやすいです。

CFD取引は手数料が大きい取扱会社もありますので、特にコスト面を考えるならおススメです。

GMOクリック証券の口座開設(無料)はこちら

GMOクリック証券【CFD】

口座開設の方法をこちらに載せています↓

GMOクリック証券CFDの口座開設
【入力3分】GMOクリック証券のCFD口座開設方法【PC・スマホ両対応】ここではCFD取引などができる「GMOクリック証券」の口座開設の方法を解説したいと思います。 5分程度の時間で簡単にできますので、...
外国株訴求A  日本225訴求
こんな記事もおススメ