【株価指数CFDリピート売買】イギリス100設定と運用実績【毎月更新】

CFD運用設定と運用実績株価指数リピート

ここでは、わたくし浅葱が運用中の株価指数CFDのリピート売買を紹介しています。

株価指数とは、つまり「日経平均」とか「NYダウ」とか言われている、株価の集合体みたいなものです。

私は「イギリス100」と呼ばれる、イギリスの株価指数FTSE100を元に作られているCFDをリピート売買で運用中。

“買いのみで両建てを考えなくてよい”

とか、

“配当があるので含み損を抱えた状態でも安心して待てる”

などのリピート売買をやるのに適したものなんです。

以下に、運用中のリピート売買の運用結果、ならびに設定などを紹介します。

スポンサーリンク

CFD取引の設定と運用実績

運用実績(毎月更新)

2019月間損益(配当)累計損益(累計配当)
6月1,37101,3710
7月2,86004,2310
8月19,103023,3340
9月32,7252,96456,0592,964
10月36,646092,7052,964
11月49,1441,976141,8494,940
12月76,4759,440218,32413,886
2020月間損益(配当)累計損益(累計配当)
1月14,6970233,02113,886
250,7280283,74913,886
3月-2,216,1490-1,932,40013,886
4月00-1,932,40013,886
5月00-1,932,40013,886
6月00-1,932,40013,886
7月00-1,932,40013,886
8月5,5500-1,926,85013,886
9月7,1590-1,919,69113,886
10月4,5980-1,915,09313,886
11月15,301842-1,899,79214,728
12月7,8740-1,891,91814,728
2021月間損益(配当)累計損益(累計配当)
1月4,6540-1,887,26414,728
2月4,8850-1,882,37914,728
3月6,0210-1,876,35814,728
4月131,46382,964-1,744,89597,692
5月87,29537,536-1,657,600135,228
6月22,7066,256-1,634,894141,484
7月25,7160-1,609,178141,484
8月24,5850-1,584,593141,484
9月20,5100-1,564,083141,484

※単位:円

4・5月はイギリス株価が大きく上昇。

たまっていた配当も決済されています。

年間決済配当は30万円を超えました!

ちびあさぎ
ちびあさぎ

ところで…累計がマイナスなんですが…

浅葱
浅葱

はい。ひとえに運用ルールを守れずに適当な運用をしていたのが原因です。

2020年の3月、いわゆる“コロナショック”の際に半分以上のポジションを損切りする羽目になりました。

原因は資金(元手)に対してポジションが多すぎたこと。注文のし過ぎです。

運用当初は数千円の利益がどんどん大きくなっているのをみると、注文が大きくなっていったのが分かると思います。

現在はしっかりと以下の設定を守り、少しずつですが利益を積み上げています。
ヾ(_ _。)ハンセイ…

※追記:コロナショック後は30万円以上の利益を積み上げています。
イギリス100はきちんとした設定をすれば利益が出やすい運用先です。

どの運用もそうですが、自分の資金に応じた最適なポジションを取るのが大事です。
リピート売買は運用中は特に難しいことはないので、最初のポジション量を決めるところは慎重にしましょう。

一度損失を出してしまうと元手資金も無くなるので、取り返すのに長い年月がかかる可能性もあります。ありました!要注意!

以下にこうならないための設定を紹介しますね。

現在の設定など

株価指数CFDイギリス100 リピート売買 現在の設定
  • 運用商品:イギリス100
  • 注文幅:20pips
  • 利確幅:100pips
  • 運用資金:1枚当たり5万円を目安
  • 注文量:1つの注文につき1枚

運用商品

イギリス100を運用しています。

値動きが小さいため決済チャンスは多くは訪れませんが、逆にそれが『必要資金が少なくて済む』『再注文の手間が多くない』というメリットになる面もあります。

また配当に当たる価格調整額も大きいのも見逃せません。

イギリス100は価格調整額が高め。
バラツキはあるものの年率10%に及ぶことも。
配当狙いの積立運用も視野に入れていけるほどです。

リピート売買においても、含み損を抱えたポジションがあっても持ち続けるのが苦になりません。

リピート売買は必ず含み損を抱える性質のある運用手法。

なので含み損があることが普通なのですが、慣れていないと常に含み損があることが精神衛生上よろしくありません。

しかしイギリス100は価格調整額(配当)が大きいため、決済待ちの含み損ポジションが増えてもその分配当が増える!と考えることもできるので、含み損もつらくなりません。

気持ちの問題ではありますが、慣れてない方にはとても大きなメリットになります。

気持ちの問題とは言いますが、初心者は売らずに済んだ場面でも不安になって手放してしまう「狼狽売り」による損失をしてしまいがちです。

大きな含み損を抱えて、「このままでいいんだろうか?損きりすべきだろうか?」という不安を抱えてしまうもの。

しかし持っているだけで配当があると考えれば、含み損も耐えることができ、失敗行動をせずに済むようになります。

精神的な部分は、運用歴が浅い人には大きな部分です。

注文幅とポジション数・ポジション当たりの枚数

こちらは相場状況や自分の運用可能資金などにより柔軟に変えていく予定です。

目安資金の運用ルールとしては、1枚当たり5万円を目安にして、相場の変動でそれより多くのポジションをとりたい場合は資金を追加してから対応します。

たとえばコロナショック後は含み損も大きく口座資金が少なかったので、50pips毎に1枚の注文を入れていました。

現在はコロナショック前の水準に近づきポジションも決済され減ったので、20pips毎に1枚の注文にしています。

株価指数CFD リピート売買の設定方法

設定は自分の好きなように決めてOK。

でも注意点がいくつかあります。

株価指数「イギリス100」での設定を例にして説明します。

ポジションは「買い(ロング)」のみ

FXと違い株価指数は長期目線では基本上昇するものなので、売りポジションは取りません。

両建てできなくなるためFXより効率が落ちるかもしれませんが、そこは価格調整額(配当)も狙っていきたいと考えています。

ロスカットレートについて

まずは最悪の状況を考え、リーマンショッククラスの暴落でも耐えうる1枚当たりの必要資金を出してみます。

ちなみに1枚当たりの取引価格は

「株価レート」×「ポンド/円レート」×0.1

となります。

イギリス100は為替レートの影響を受けます。
ですので下落額ではなく下落幅で見てみましょう。

イギリス100はリーマンショック時の下落幅が6800→3400ポイント、約50%下落といったところです。

イギリス100月足チャート

一方為替のほうはこのような感じです。

ポンド円月足チャート

約250円から120円まで、こちらもほぼ50%といったところ。

株価、為替ともに50%下落したとして、取引価格は

「7500/2」×「135/2」×0.1=25312.5円

現在の取引価格が

7500×135×0.1=101250円

すると下落価格は

101250-25312.5=75937.5円

それに必要証拠金1万円を加え、8.5万円あればリーマンショッククラスの暴落も乗り切れる!となります。

リーマンショッククラスの暴落でも大丈夫にするなら1枚当たり8.5万円

ただ、これは最悪の事態を想定した場合です。

正直このルールでやると、ただでさえ動きの小さい「イギリス100」ですから利益率がとても小さくなると思います。

それほどの下落を想定しなくてもいいと個人的には考えています。

というわけで上記と同様の計算を近年の暴落「ブレグジット発表」と「2018.2NYダウ暴落」の2つでしてみました。

この二つはリーマンショックと違い1日~数日での下落なので、急激な暴落のケースとして最適ではないでしょうか。

そして結果、

  • ブレグジット時:51,585円
  • 2018.2月時:19,510円

となりました。

この結果から、1枚あたり5万円くらいの証拠金を用意する形で運用しようかなと考えています。

これでも正直多いと思っています。

が、実際暴落に巻き込まれた場合、本来耐えられるとした水準の50%に差し掛かった程度でも恐怖感がでて、損切りを考えるようになります。

状況によると思いますが、結果的には損切りせず耐えればよかった暴落で自ら決済し大きな損失になったことが私は何回かありました。

ちょっと多いかな?くらいでの運用が精神的にも安定すると思いますよ。

購入枚数について

購入枚数は上記の1枚当たりの金額×枚数が入金額を超えないように購入するだけです。

1枚当たり○○円で買う!というルールで買う場合、注文枚数がそのままリスク管理の指標となるメリットがあります。

つまりリスク管理がやりやすい(わかりやすい)です。

GMOクリック証券のCFD取引は自動売買運用ではないため、下落しても自動で新規注文することなくあらかじめ自分が指値注文した分しか新規枚数が増えません。

ですので自分の口座入金額に応じて注文枚数を調整すれば、仕掛け幅や決済幅に関係なく枚数のみでリスク管理できます。

つまり資金が50万円なら、1枚当たり5万円で買えるから10枚まで保有できる。
って考えればOKですね。

これを守れず買いすぎると、私のように大きな損失を受けます。

仕掛け幅について

これも直近のレンジ幅を参考にして、上記の枚数を超えないように注文します。

10枚を均等に買うなら100pips毎に1枚注文しようかな、など考えていきます。

ただ自動売買と違い自分で予約注文した以上の枚数は増えないため、修正が容易です。

そのため、広く浅く均等に仕掛ける方法でなくてもいいのではとも考えています。

あまり広くしすぎると利益も小さいですので、普段はもっと細かく仕掛け、予想より下落したなら素直に我慢するか資金を追加してから注文するかのどちらかをとるつもりです。

くるかわからない暴落に備えて広すぎる設定をするよりも、ここ数年の相場を参考にしてポジションを注文していき、暴落したらその時に資金を追加して下のポジションで注文するほうが良いかなと思います。

例えば現在値が7500なら、10枚買う場合6500~7500の間に100pips毎に均等に買い、さらに下落した場合は追加資金を入れてから追加購入するor我慢するという感じです。

もし大きく下落して購入を我慢する状況になっても、イギリス100は配当が大きいので安心して待つことができます

利確幅

これはその指数の1日の値動き幅などから判断します。

イギリス100なら100pipsもあれば十分かと。

米国30(NYダウ)なら1日に数百pips動くのも普通ですのでもっと広げたほうがいいですね。

またイギリス100のように持ち続けることによって価格調整額が入る(スワップポイントがもらえる)ような運用先では、長めに持つこともデメリットになりにくいと考えます。

売れなくても精神的に焦らずに済むうえ、利確幅を思い切って広めにとることができるので1回の決済額が増えます。

利確幅は自分の利益に直結する値であると同時に、ロスカットレートには影響しません。

変更してもリスクは増減しませんので、ある程度自由に変えたりして試してみても面白いと思います。

「1枚当たりの目安資金」と「購入枚数」がリスクにかかわります。

ここだけは絶対に厳守!

「仕掛け幅」や「利確幅」は利益にかかわり、リスクにほとんど影響しません。

自由に決めちゃってOK!

※ここでいうリスクとは、危険度の意味で使用しています

購入手順

手動リピート売買ですので、IFD注文で注文します。

例として、仕掛け幅100pips、利確幅100pipsでの注文をします。

GMOクリックCFD注文画面

IFDだと新規と決済を同時に注文できるので便利です。

この調子で7300~7400、7200~7300・・・と段階的に入力していきます。

ただ値動きの小さいイギリス100のような株価指数だとめったに約定せずめんどくさいかもしれませんので、まずひとつだけ注文をして、約定してから次の注文をしても良いかもしれません。

ロスカットレートの変更<重要>

GMOクリック証券CFDのロスカットレートのシステム

GMOクリック証券のCFD取引ではポジションごとにロスカットレートが設定されすシステムです。(セーフティバルブシステム)
下落してもポジションごとに個別ロスカットされ、全ロスカットを防ぐ安全システムとなります。

しかしその個別のロスカットレートは割りと浅いところに自動で設定されてしまうため、長期運用の場合は手動でロスカットレート変更をしないとすぐにロスカットされてしまいます

こことても重要!

ロスカットレート変更は注文一覧から変更できます。

GMOロスカットレート変更
GMOロスカットレート変更2

約定前の注文・約定後の建玉どちらからでも変更できます。

スマホアプリでの注文では、新規注文と同時にロスカットレート変更ができるようになりました。

2週間に1回再注文します

GMOクリック証券では予約注文が「翌週末」までしかできません。

ですので2週間に1回は注文のし直しが発生します。

ここはちょっとめんどくさい…

注文失効した場合、週末に失効通知がメールで届きますのでそれを見て再注文しましょう。

CFD取引におススメの口座はこちら

CFD取引自体はさまざまな証券会社で取り扱いがあります。

浅葱が運用しているのはGMOクリック証券です。

手数料無料スプレッドも狭くコストパフォーマンスが高い点に加え、ツールが使いやすくPC・スマホどちらでも使いやすいです。

CFD取引は手数料が大きい取扱会社もありますので、特にコスト面を考えるならおススメです。

手数料を抑えてCFD取引するなら最適ですね。

  • 手数料無料!スプレッドコストも小さい!
  • スマホアプリでもカンタン注文!
  • デモトレードも可能!
簡単5分で登録できます
口座開設の方法をこちらに載せています
タイトルとURLをコピーしました