連続予約注文とは?初心者向けに解説します【FX自動売買】

連続予約注文初心者向け解説連続予約注文(マネーパートナーズ)
ちびあさぎ
ちびあさぎ

FX自動売買っていろいろありますが、

「連続予約注文」ってどんな特徴があるんですか?

浅葱
浅葱

連続予約注文は自動売買の中でもコストが最小クラス、しかも約定力もトップクラスです!

「連続予約注文」はFXの注文をあらかじめ設定しておくだけで、自動的にその注文を繰り返してくれる注文法。

自動で売買してくれるシステムです。

いわゆるリピート系のFX自動売買の中で一番コストがかからないすばらしいシステムだと思っています。

ですが自動というか半手動みたいなところがあるので、「FX 自動売買」で検索してもあまりヒットしないんですよね。

自動売買という認識もされてなかったり。

しかしコストや約定力が優秀で、こまめな人なら最小のコストでリピート売買を運用できる手段になると考えます。

ココではそんな連続予約注文についての解説をしていきます。

\公式サイトはこちらをクリック/タップ/

連続予約注文とは?

連続予約注文とは、マネーパートナーズのFX売買における注文方法の一つです。

連続予約注文という独立したシステムがあるのではなく、あくまで「指値注文」や「成行注文」と同じように「連続予約注文」があります。

ですのでマネーパートナーズの口座を開設するだけで使え、普通の指値注文などと組み合わせて使うことも可能です。

この方法を使うと、注文を20回まで繰り返し注文することができます。

連続予約注文は、新規と決済の注文をまとめて予約します(IFD-OCO)。

新規ポジションを指値注文し、決済を指値注文で利確します。

決済注文には逆指値(損切り)注文を追加することもできます。

ちびあさぎ
ちびあさぎ

つまり、こういうこと!

連続予約注文20回リピート

普通は注文が決済されてからでないと新たな注文ができません。

しかし連続予約注文はあらかじめ20回までの注文をまとめて発注できるので、便利な機能となります。

連続予約注文の自由度

20回の注文は同じものでなくても構いません。

下図のようにジグザグにしたり、全部をバラバラな注文にもできます

連続予約注文ヤマギリ型
浅葱
浅葱

かなり自由度が高い設定ができます。

決済の幅や注文価格を自由に変更できるため、他社のリピート系自動売買システムでできるほとんどの設定は連続予約注文でも可能です。

連続予約注文のメリット

コストが最強!

連続予約注文の最大のメリットです!

まず手数料が無料です。

そしてスプレッドも狭い!

手数料は無料の証券会社が多いですが、スプレッドは各社大きく差が開いています。

主なFX自動売買のスプレッド比較(米ドル/円)
スプレッド
(米ドル/円)
1000通貨での
金額
連続予約注文
(パートナーズnano)
(※)0.2銭2円
ループイフダン2銭20円
トラリピ3~4銭30~40円
トライオートFX0~2銭
(取引数量により変動)
0~20円

(データは2021・8現在)

※マネーパートナーズは長期にわたりスプレッド縮小キャンペーンを開催しています。
時間帯や注文数量によっては、さらにスプレッドが縮小します
詳しくは公式サイトでご確認ください。

ちびあさぎ
ちびあさぎ

かなり差が出ますね。

浅葱
浅葱

1注文でこれだけの差。
たくさん注文するとどんどん差が広がります。

リピート系注文は何度も注文を繰り返すので、期間が長くなるほどコストの差は広がります。

最終的な利益の差にもなりますね。

外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

約定力が最強!

約定力とは?

「約定力」とは、一言でいえば「注文を成立させる力」です。

注文価格からズレて注文成立する「スリッページ」や、
注文が取り消される「約定拒否」

これらが起こらないことが、約定力が強いといいます。

浅葱
浅葱

ここ、重要です。

約定力はそれぞれの証券会社によって大きな差が出ます。

スリッページなどは大暴落時など急な相場の変動時に起こりやすく、あらかじめ注文していたにもかかわらず約定しないといった事故も起こりえます。

スキャルピングする方以外はあまり重視しない傾向にありますが、注文がすべると当然利益が減ることもありますし、損切注文すら引っかからず多大な損失につながることも。

多くの人は証券会社を選ぶ際、コストのほかにスワップポイントを重視する傾向があり、約定力は考慮されないこともあります。

しかしスワップだけを重視して約定力の弱い証券会社を選ぶと、すべってスワップ分を食いつぶして決済されることがありえます。

というか私は何度も他社で経験しました( ;∀;)

マネーパートナーズは今のところすべりは一切経験していません。

公式HPでも約定力№1を謳っているだけのことはありますね。

約定力が低い会社では、大きな下落があった時にシステム停止になったり、スプレッドが一時的に急拡大したりなど予期せぬことが起こりえます。

損切りすらできずにロスカットされるなどの最悪の事例も後を絶ちません。

他社との比較の際はスワップポイントが重視されがちですが、約定力はそれ以上に重要な項目です。

100通貨から注文できます(nano)

マネーパートナーズはPFXとnanoの2種類の口座から選択して運用できます。

FXnanoで取引をすると、100通貨から取引できます

多くのFX会社で最低取引単位は1000通貨ですので、マネーパートナーズは他社より少額で始めることができるといえます。

  • まとまったお金がないが始めてみたい
  • 初心者だけどとりあえず触れてみたい
  • 他社利用中だけど試してみたい
  • たくさんの通貨ペアで運用したい

こんな人におススメです。

連続予約注文のデメリットとその対策

さて、そんなメリットの多い連続予約注文ですが、どうして使う人が多くないのか。

それは他社にないデメリット部分が悪い印象を与えているためと考えられます。

しかし使ってみるとさしたる悪影響がなく、便利に使えます。

デメリットと思われている点を洗い出してみました。

注文が(他の自動売買にくらべて)めんどう?

半手動のデメリットです。

他社の注文は基本的に手間がかからず、すぐに注文が完了します。

数クリックで完結するループイフダンをはじめ、他社の自動売買は時間がかかりません。

連続予約注文も一回の普通の注文なら1分もかかりませんが、一度にすべての注文を完了できないため、1ポジション毎に注文を入れなければなりません。

100の仕掛けをするには100回注文を入れる必要があり、たしかに手間がかかります。

しかしその分コストは優秀。

このデメリットは「めんどくさいだけ」なので、注文の手間によって低コストや約定力の恩恵が受けられると考えることもできます。

ちびあさぎ
ちびあさぎ

手間をとるか、コストをとるかといったところですね。

20回の制限って少なくない?

連続予約注文は20回までの制限付きの注文。

20回を超えると再注文しなければなりません。

これが面倒に思われている要因でもあります。

しかし実際安定運用を考えた決済幅でリピート注文した場合、20回という回数は1年以上かかる場合がほとんどです。

回数制限があるとはいえ、20回は十分な回数であるといえます。

逆にすぐ20回に達してしまう場合、利確幅が狭すぎる可能性がありますので、注文を見直してみましょう。

逆指値ができない?

連続予約注文はなぜか新規での逆指値注文ができません。

これはなかなか大きいデメリットのように思えます。

しかし注文を工夫することで逆指値でも注文ができるようになっています

詳しくはこちらで解説しています。

連続予約注文はこまめな人に向いているコスト最強の注文方法

連続予約注文の特徴
  • コストがとても低い
  • 約定力が強い
  • 少額からでもできる
  • 設定の自由度が高い
  • 注文の手間がかかる

連続予約注文は自動売買として認識されていないのか、よく「自動売買比較してみた」などの特集でそもそも比較対象になっていないことすらあります。

ですがコストと約定力は圧倒的なので、個人的にはイチオシです!

コストは注文回数が増えるごとに利益の差になっていくので、利益をきちんと上げたいなら重視するべき点。

他社のリピート系自動売買システムと比較しても、注文がめんどくさい以外の大きなデメリットがありません

コスト重視の人なら利益を伸ばしていける、それが連続予約注文です。

  • コスト(スプレッド)が最小クラス
  • 暴落時も安心の優れた約定力
  • 少額(100通貨)から始められる
口座開設(無料)でキャンペーン中!

注文の手間をかけても利益を伸ばしたい人にピッタリです

タイトルとURLをコピーしました