連続予約注文の20回制限はとても小さなデメリットです

連続予約注文20回手間とメリット連続予約注文(マネーパートナーズ)

連続予約注文は20回まで連続して注文できるそうですが、20回ってぶっちゃけ少なくないですか?

浅葱
浅葱

いえ、20回は十分な回数なんです。

半年に1回くらいケアするだけでOKです。

こんにちわ~_(-ω-`_)⌒)_

めんどくさがりな浅葱です。

ですので運用も自動売買にまかせきりです。

その浅葱のメインの運用先はマネーパートナーズの『連続予約注文』。

この注文、20回まで注文を連続して予約できるというものですが、この20回という制限をデメリットに感じる人が多いようです。

20回過ぎる前に注文の更新をしなくちゃいけなくてめんどくさそうとか、ほったらかし運用できないだろとか。

まぁ確かに他社のシステムだとそんな制限ありませんものね。

でも、そんなことありません!

めんどくさがりでも大丈夫なくらい、20回は十分な回数なんです。

それをこれから説明しますよ。

スポンサーリンク

連続予約注文が20回で十分な理由と推奨注文設定

前述の通り連続予約注文は20回までしか予約注文できません。

そうなると15回くらいになったら気になって注文しなおさなきゃ、となるのが普通ですね。

もしこれが仮に1日1回約定したら1か月かからずに注文のやり直しなので、とても面倒なシステムに感じるでしょう。

でも実際は、

連続予約注文が20回になるまでの期間は意外と長い

では実際20回までどれくらいの期間かかるんでしょう?

もちろん約定回数は「相場状況」と「利確幅(決済幅)」によって変わります。

特に利確幅が回数に大きく関わり、10pipsの利食い幅で注文した場合一日数回の約定も普通にあります。

一方100pipsの広めの利食い幅で注文した場合、新規注文から決済注文まで数か月かかることも普通です。

この場合、20回までは1年以上かかることも

ちょうど相場のレンジ内にあったポジションは約定回数も多くなりますが、それでも数か月かかります。

つまり広めの利食い幅の場合、年数回のケアをすればいいので、それだと手間や面倒になりませんね。

開始から3か月を経過した私の連続回数の経緯です。

ユーロ/円:利確幅100pips 豪ドル/円:利確幅80pips

連続回数ユーロ/円(100pips)豪ドル/円(80pips)
9回目01
8回目14
7回目34
6回目32
5回目84

最大でも連続回数8回が最大ですね。

このペースなら、半年後にようやく20回に到達しそうな注文が1つ2つ出てくるくらいでしょうか。

追記:開始から1年以上経過しましたが、まだ一度も20回に到達した注文が現れていません。

レンジの推移、また注文の見直し/最適化によって20回に到達する前に再注文したなどの理由で、20回の制限に達した注文はありません。

20回という制限は結果的に一度も問題にはなっていません。

リピート系自動売買では利食い幅は広めにすべき!

80~100pipsの広い利食い幅ならば20回制限は大したデメリットにならないことが分かったと思います。

では狭い利食い幅の場合は? 20回になるまでに半年もかからないんじゃないの?

確かにおっしゃる通り。その場合注文の更新が面倒になるかもしれません。

しかしそもそもリピート系自動売買において狭い利食い幅をとること自体がおススメできません

詳しくはこちらの記事に載せています。

かいつまんで説明すると、

  • 利食い幅の狭いほうが大きな値動きになった時利益が小さい
  • 利食い幅の狭いほうが決済回数が多いためコストの影響が大きい

狭い利食い幅のほうがたくさんの回数利確するためリターンが大きいイメージがありますが、実際は広い利食い幅のほうが利益が大きくなる傾向にあります。

他社に比べて注文が面倒?それでもメリットの大きい連続予約注文!

連続予約注文の20回制限は大きなデメリットではないことが分かったでしょうか。

とはいえ他社の自動売買のほうが注文が楽なのも事実です。

ですが連続予約注文には他社にない大きなメリットがあります

コストの低さがトップクラス!

手数料無料はFX自動売買では当然で、マネーパートナーズも同様に無料です。

となると違ってくるのはスプレッド。

マネーパートナーズはスプレッドにも力を入れていて、とても小さいスプレッドになっています。

主なFX自動売買のスプレッド比較(米ドル/円)
スプレッド
(米ドル/円)
1000通貨での
金額
連続予約注文
(パートナーズnano)
(※)0.2銭2円
ループイフダン2銭20円
トラリピ3~4銭30~40円
トライオートFX0~2銭
(取引数量により変動)
0~20円

(データは2021・8現在)

※マネーパートナーズは長期にわたりスプレッド縮小キャンペーンを開催しています。
時間帯や注文数量によっては、さらにスプレッドが縮小します
詳しくは公式サイトでご確認ください。

多少の手間があっても、トータルコストは大きく有利になります。

手間をかけてコスト最小を目指せるのが連続予約注文です。

約定力がトップクラス!

約定力とは?

「約定力」とは、一言でいえば「注文を成立させる力」です。

注文価格からズレて注文成立する「スリッページ」や、
注文が取り消される「約定拒否」

これらが起こらないことが、約定力が強いといいます。

自動売買ではコストやスワップポイントに目が奪われがちで、約定力については重視しない人が多いように感じます。

しかし約定力はすべって決済されて利益が減ることをなくしたり、暴落時に大きな損失になるのを防いだりするため、安全面でも利益面でもかかわってくる重要なポイントです。

マネーパートナーズは約定力にも力を入れていて、大きな値動きでもすべったり約定しなかったりする可能性はとても低くなっています。

結論 20回制限は大したデメリットではない

20回のリピート制限は手間が0ではありませんが、微々たるものです。

すぐに20回の上限に達してしまうような注文幅でやることこそが間違いであり、推奨できません。

むしろ連続予約注文はコストや約定力のメリットが大きく、おススメです!
(。・ω・)ノ

※追記:こんな情報が公式サイトにありました。

連続予約注文20回制限撤廃か

注文回数制限、なくなるんですかね!期待ですね!

さらに使いやすくなると思います。

  • コスト(スプレッド)が最小クラス
  • 暴落時も安心の優れた約定力
  • 少額(100通貨)から始められる
口座開設(無料)でキャンペーン中!
タイトルとURLをコピーしました