実際の暴落で分かった約定力!マネーパートナーズは滑り約定無し!【連続予約注文】

連続予約注文(マネーパートナーズ)
浅葱
浅葱

突然ですが、証券会社を選ぶ際、どこを重視して決めますか?

ちびあさぎ
ちびあさぎ

う~ん、サービス内容とか、スワップポイントが多いからとか…

運用する証券会社を選ぶ際、重視するポイントはたくさんありますね。

コストや、取り扱っている商品、あるいはたまたまキャンペーンを見たから、というのもアリだと思います。

しかし約定力を考えて選んでいる人は少ないのでは?

約定力の低い証券会社は、急激な相場変動が起こった際システムが追い付かず注文エラーになることがあります。

注文が大きく滑ったり(スリッページ)、注文が受け付けないことも(約定拒否)。

約定力とは

約定力(やくじょうりょく)とは約定率(やくじょうりつ)・約定能力(やくじょうのうりょく)ともよばれます。

FXで約定とは注文が成立することをさします。
約定力は注文をだしてから成立するまでの速度の滑り(スリッページ)の少なさや約定拒否が少ないほど約定力が高いといえます。

引用元:FX用語集

FX自動売買ではロスカットされないようにきちんと証拠金やポジション量を管理していた場合は暴落は逆に大収益のチャンス!となりますが、このようなエラーがおきるとチャンスを逃したり、想定しない損失になることも。

そうならないように、約定力もしっかり見ていきましょう。

2019フラッシュクラッシュにみる約定力の違い

2019年は1月3日からもう大暴落でした。

急激な円高でロスカット報告が続出する事態になりました。

2019初暴落

(画像は当時のユーロ/円の一時間足です。他のクロス円通貨でも似たようなチャートでした。)

たったの一時間で急激な下落です。

相場に理解の浅い私でもわかるくらいに円高の予兆は出ていました。

でも「2019年は円高になるだろうな!」くらいの認識で、こんなに急な動きになるとは予想していませんでした。

Twitterでの続々と出てくるロスカット報告が恐ろしかったです。

かくいう私もポジションの持ちすぎで危なかったので他人ごとではありませんでした。

私はマネーパートナーズの連続予約注文、そしてアイネット証券でループイフダンという2つのFX自動売買を運用しています。

それぞれがどうだったかを見てみましょう。

連続予約注文 マネーパートナーズの暴落時約定力

マネパ約定状況

当時の約定状況です。

連続予約注文では3000通貨を100pips利確幅で運用していたので決済益は1ポジション3000円です。

きれいに3000円の利益が出ていますね。

ひと際大きい額の注文は連続予約注文ではない指値決済でのもので、こちらの利確幅はそれぞれ100pips、100.1pips、100.2pipsです。

こちらもすべりは全くありません

マネパ 約定力

マネーパートナーズ公式サイトより引用

マネーパートナーズは約定力を強く押し出しているため、今後も企業方針として力を入れていくことでしょう。

約定力は証券会社を選択するうえで軽視されがちですが、こうした事態になって初めて良さが分かります。

外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

ループイフダン アイネット証券の暴落時約定力

ループイフダン約定状況

同じ時間のループイフダンです。

ユーロ/円のS120・1000通貨で運用しているため、決済益は1200円になるはずです。

しかし結果は・・・すべって約定していますね。

浅葱
浅葱

しかも毎回利益が減る方向に滑るのは何故…

しかも約定されなかった注文もあるようです。

アイネットお知らせ

ループイフダン修正

修正対応は赤枠のところでしょう。約定価格と時刻がバラバラですし。

浅葱
浅葱

せっかくだからすべった約定のほうも修正してください。・・・だめ?

毎回このようなことがあるわけではありませんし、ちゃんと事後対応をしてくれてはいます。

しかしこういった不慮の事態にすべったり約定しなかったりするのは少し不安がありますね。

トライオートFXの約定状況

トライオートFXは発注エラーとなったようです。

こちらのサイトで説明されていました。

私はトライオートFXをやったことはありませんが、トライオートETFの経験があります。

そしてやはり稼働停止を経験しています。

しかも手動で修正しないといけないんですよ。自動復帰しません。

運用経験の浅い人ならやり方が分からず困るかもしれません。

ちなみにもっとひどい証券会社もありました。

名前を出すのは控えますが、スプレッドがあり得ないくらいに広がり、まともな注文ができなかったようです。

約定力は想像以上に重要

約定力が弱い場合のデメリット
  • すべり約定して利益減少になる
  • 新規注文がスルーされ機会損失になる
  • 決済注文がスルーされ利益が減る恐れがある
  • 損切りの注文がスルーされ大損害の可能性

約定力が高いというのは、「なんとなく安心」とか「しっかりしてるな」くらいの印象を持つ方が多いと思われます。

実際証券会社を選択する際、スワップポイントだったり手数料やスプレッドなどのコスト面だったりが重視されがちです。

ですが約定力が低い会社で運用していると、暴落が起こった際に注文が通らない、スプレッドが広がりすぎて大損害、などが起こりえます。

約定力の差は、有事の際大きな差になるのです。

自動売買は特にポジションを常に保有している状態のため、手仕舞いができるデイトレと違い暴落のあおりを強く受けます。

しかし約定力は軽視されがち。

スキャルピングをする方は約定力の強いFX業者を重視しますが、自動売買での運用では重視されない傾向があります。

というかFX自動売買を扱う業者自体が約定力を重視していないのではと思うことすらあります。

自動売買システムがあり、かつ約定力に自信のある業者はマネーパートナーズくらいなのではないでしょうか。

暴落は毎年起こるくらいに考えておいたほうがいいかもしれません。

現に私も運用開始来、
2017北朝鮮ミサイル事件
2018VIXショック
2019フラッシュクラッシュ
2020コロナショック

という風に、毎年何かしらの大暴落に遭遇しています。

暴落はしょっちゅう起こることではありませんが、長期運用なら必ず起こることとして想定しておかなくてはいけません

  • コスト(スプレッド)が最小クラス
  • 暴落時も安心の優れた約定力
  • 少額(100通貨)から始められる
口座開設(無料)でキャンペーン中!
タイトルとURLをコピーしました