自動売買の解説

FX自動売買 必要資金は3万円から可能!初心者向け設定例

連続予約注文必要資金3万円から

FX自動売買を安全に運用するための必要資金の最低ラインっていくら?

お財布の中に入ってるくらいのお金で気軽にできない?

 

こんにちわ_(┐「ε:)_

FX自動売買で“働かないを実現”したい浅葱です。

 

FX自動売買をするにあたって、必要資金(元手がいくら必要か)って気になりますよね。

必要資金が大きい資産運用はやっぱり気軽にはできないし。

運用未経験者や初心者がまず始めに知りたいことの一つです。

 

ちなみに浅葱が初めてFX自動売買の『ループイフダン』を運用する際に経験者を参考にした限りでは、30万円くらいを最低資金の目安にしている方が多かったですね。

ん、とゆーことは連続予約注文なら1/10の3万円でできるってことかな?

3万円なんて今財布に入っている人も多いでしょう。

それでFX自動売買が始められるならハードルが下がりますね。

初心者や未経験者もやってみたいと思うのではないでしょうか。

 

3万円でFX自動売買を始めても大丈夫か

安全な運用の設定の仕方はどのようなものか

調べてみます。

 

少ない元手でFX自動売買を始めてみよう

FXは元手が比較的少なくて済む資産運用の一つです。

自動売買の場合は損切りをせず含み損を抱えたままにするためデイトレードよりもちょっと多く資金を必要としますが、それでも株や不動産などの資産運用と比べるととても少ない資金で始めることができます。

最少額でFX自動売買をやるなら連続予約注文

多くのFX自動売買では最低取引単位を1000通貨単位にしています。

ですがマネーパートナーズの『連続予約注文』は最低取引単位が100通貨からです。

単純に連続予約注文を使うと他社の1/10の資金で運用できるってことです。

もちろん収益も1/10になりますが、その分損失も少なくなります。

こんな方におススメです
  • お金に余裕がない
  • FXやったことなくてちょっと怖い
  • 初めてなのでまずは使ってみて慣れたい

連続予約注文についてはこちらの記事をご覧ください。

連続予約注文初心者向け解説
連続予約注文とは?初心者向けに解説します【FX自動売買】マネーパートナーズの連続予約注文はFX自動売買の中でコストと約定力がトップクラスです。メリットや、逆指値ができない問題の解決法も説明します。...

 

3万円でできるFX自動売買 設定例

ループイフダンなどほかのFX自動売買と違い、連続予約注文は公式サイトに『目安資金表』というものがありません。

連続予約注文が他より自由度が高い設定ができるためでしょう。

ですので今回は「アイネット証券」からループイフダンの目安資金表を参考にしてみようと思います。

豪ドル/円のケース

豪ドル/円はリピート系自動売買では一番人気の通貨ペアらしいです。

理由はスワップポイントが高いことに加え、レンジ(変動幅)が狭く、値動きも激しすぎない点です。

つまり安定しているということですね。

こういう通貨ペアが少額運用に向いています。

さて注文設定ですが、下のグラフがリーマンショック以降の豪ドル/円チャートになります。

豪ドル/円チャート

ここ10年近く70円以下になっていないな、など値動きの幅が分かると思います。

これをわかりやすく線を引くと、こんなかんじ。

豪ドル/円想定レンジ

短期目線での上値と底値を赤線で、長期の上値と底値を緑線で結んでいます。

買いポジションで考えてみると、70円くらいまでしか下がらないだろうと想定して下値70円、高値掴みをしないために上値は90円とします。

買いポジション:70円~90円 20円の変動を想定

※両建てしたい場合は100円~80円の間で売りポジションを持つようにするのがおススメです。

想定レンジの考え方はこちらでもう少し詳しく載せていますのでご覧ください。

【FX自動売買】最適な想定レンジ幅を設定しようリピート系FX自動売買の注文のポイントを初心者向けに解説します。重要なのは過去のチャートからレンジを想定してその間に注文をすること。通貨ペア毎の想定レンジの決め方を実際に僕がやっている方法を例にしています。...

 

さてアイネット証券の目安資金表で20円の変動幅をみると、

目安資金表 豪ドル/円

利食い幅100銭のところで、約30万円の目安資金になっています。

ならば、連続予約注文なら1/10の3万円でOKってこと!

※利食い幅は広いほうが安全なうえ、同じ注文数なら利益も大きくなる傾向にあります(相場状況に左右されます)ので、実際の注文も100銭または80銭をおススメしています。

というわけでループイフダンの「豪ドル/円 B100」の設定と同じ注文を連続予約注文でしてみましょう。

豪ドル/円の3万円での連続予約注文設定例
  • 1ポジション100通貨
  • 買いポジション70円~90円
  • 利食い幅100銭(100pips)
  • 注文間隔100銭(100pips)

 

カナダドル/円のケース

カナダドル/円はスワップもそこそこ高く、自動売買では隠れ人気ペアですw

値動きも安定的で、ここ10年の値動き幅は豪ドル/円よりも動いておらず、少ない資金で運用するのに適した通貨ペアです。

10年変動幅

想定レンジの求め方は省略しますが、豪ドル/円とほとんど同じで大丈夫です。

目安資金表カナダドル/円

レートまで似ているため、設定も同じになりましたw

カナダドル/円の3万円での連続予約注文設定例
  • 1ポジション100通貨
  • 買いポジション70円~90円
  • 利食い幅100銭(100pips)
  • 注文間隔100銭(100pips)

 

資金を5万円にしてステップアップするおすすめ設定

3万円でも設定次第でFX自動売買を運用することが可能だとわかりました。

しかしもう少し資金を増やして、売りポジションも追加してみませんか?

両建てには資金が倍もいらない

同じ量の売りポジションを追加すると資金も倍必要になるイメージがありますが、そんなことはありません。

含み損の動きが逆

相場が下落した場合、買いポジションは含み損が増えていきますが、売りポジションは逆に利益が出ます。

もちろん相場が上昇した場合は売りポジションで含み損が増えますが、買いポジションは含み損がどんどん減ります。

ですので想定する含み損は片方向とあまり変わりません。

注文時の証拠金も多い方だけ

実は多くのFX自動売買の取り扱い会社で、両建て時でも証拠金が片側の多い方のみでOKになっています。これをMAX方式といいます。

例えば買いポジション1000通貨・売りポジション600通貨の場合、必要になるのは多いほうの1000通貨分の証拠金です。

利益はほぼ倍になる

相場が上がっても下がっても決済されるため、決済益はほぼ倍になります。

マイナススワップについて

スワップポイントがつくポジションと逆のポジションを立てた場合、スワップポイントもマイナスになります。

ほとんどの証券会社でマイナススワップのほうが大きく設定されているため、両建てするとスワップで損します。

自動売買で両建てが人気の無い理由がこれです。

しかしその分決済益が大きく増えるため、実際は総利益は増えます。

怖がらずに両建て状態にすることをおススメします。

【FX自動売買】両建ての大きなメリット小さなデメリットFX自動売買では、裁量トレードと違い両建てのメリットが大きいです。イメージだけで怖いと避けている初心者に自動売買での両建てのメリットを解説します。デメリットの対処法についても。...

5万円での設定例

豪ドル/円・カナダドル/円の5万円での連続予約注文設定例
  • 1ポジション100通貨
  • 買いポジション70円~90円
  • 売りポジション80円~100円
  • 利食い幅100銭(100pips)
  • 注文間隔100銭(100pips)

 

少額で自動売買を始めるメリットとデメリット

メリット

経験になる

少額でFX自動売買をやろうとする人は、「興味があるけどやったことなくて怖い」と慎重に行動できる初心者の人です。

どんなことでも経験すれば中身が理解できるようになったり、失敗をしなくなったりします。

ニュースで為替の情報に自然と目が行くようになるなど、知識も勝手に増えていくものです。

今後の利益のための最初の一歩として少額で始めることは一つの手段です。

損失リスクが低い

少額ならたとえ最悪の強制ロスカットになってもダメージがほぼありません。

もちろん上記の設定は過去10年の相場の値動きを参考にして設定したリスクを抑えたものですが、暴落の可能性は0ではありません。

少額でなら暴落も怖くありません

デメリット

利益が少ない

当たり前すぎることですが、少額で始めれば利益も小さくなります。

利食い幅も大きめにしているため、1か月の利益が数百円しかない月もあるでしょう。

でも割合で考えると結構いい年率になったりします。

銀行預金よりは大きく増えていくはずですよ。

慣れてきて大丈夫と思ったら、徐々にお金と注文を追加しましょう。

注文の手間がかかる

利益が少なくても、注文の手間は変わりません。

しかも連続予約注文は細かい設定もできる分注文の手間が他社の自動売買より手間がかかります。

ループイフダンは注文に関してはホントに楽なので、差が出ますね。

でも連続予約注文は想定レンジを外れても手動停止の必要がないなどのメリットもあります。

手間がかかる以外はメリットしかないので、時間があるときにでも注文しちゃいましょう。

 

やってはいけない注文例

こちらはループイフダンの注文画面です。

ループイフダンダメ注文

1000通貨のループイフダンでも最大ポジション数と利食い幅を絞れば必要目安資金は少なく表示されます。

上の画像だとまるで3000円程度からループイフダンができるように見えます。

しかしこんな注文をした場合、相場が少し逆に動くだけで損切りにあったり強制ロスカットされたりする可能性が高いです。

実はたまに見かけるんですよ、1万円以下で自動売買ができる!みたいに紹介しているところ。

できますが、できるだけです。利益になりません。

ほったらかしで利益を上げ続けるのが自動売買の利点ですので、こんな設定はしないようにしましょう。

 

まとめ 未経験なら最初のFX自動売買の設定としてオススメ

少額での設定は当然利益も小さくなるため、FX自動売買で利益をあげたい!という人にはちょっとがっかりするかもしれません。

でも自動売買をしたことの無い人には、リスクも小さくなるこの設定でやることは経験になるという意味でもおススメです。

いくら外部から知識を入れても、実際に使ってみることに勝る勉強はありません。

運用に踏み出す最初の一歩として使ってみてください。

 

FX自動売買なら連続予約注文【マネーパートナーズ】

青色03銭静止画
マネーパートナーズの連続予約注文はコスト最小業界トップの約定力で取引できます。
少額の資金からでも始められることも魅力の一つ!

無料の口座開設でキャンペーンやってます!
<↓詳細はこちらをクリック↓>

100円からのFX:キャンペーン実施中

こんな記事もおススメ