【リピート売買】月間運用結果2020年11月【226,231円】

当ページのリンクには広告が含まれています。

今月の運用結果は

226,231円でした。

。( ̄∇ ̄*)o祝!年間累計200万突破!!d(* ̄∇ ̄)。

目次

今月の運用結果(決済損益)

連続予約注文 128,252円
ループイフダン 56,949円
株価指数CFD 15,301円
金CFD 13,327円
銀CFD 12,402円
インヴァストカード 0円
月間損益 226,231円
年間損益 2,165,746円
累計損益 12,336,685円

※金額は全て決済損益。含み損益や未決済スワップは含みません。

11月は結果的には先月とほぼ同じ決済益でした。

全体的に株価が好調。為替は静か。

為替の比率が大きい浅葱の運用では、株価上昇に対する恩恵がいまひとつな点が寂しいところです。

とはいえ運用商品は満遍なく利益を上げてくれました。

特に手動リピートのCFD運用が好調です。

FX自動売買と比べて少なめの資金で運用しているため利益は小さく見えますが、利益率はなかなかのものです。
(*^^*)

FXは先月並みでしたが、CFDは3倍増しですからね。

証拠金に余裕が出れば株価指数CFDの運用も以前のように力を入れていきたいですね。

そして年間損益が200万円を突破しました!

株価指数CFDの失敗が無けりゃ今ごろ400万円・・・ゴニョゴニョ

株価指数CFDの失敗があり大きく足を引っ張られた今年の決済ですが、一つに運用先を絞らないことでトータルではそこそこのプラスに持っていくことができました!

今後もバランスよくいきたいですね。

連続予約注文(マネーパートナーズ)

今月の決済損益

損益計 (取引損益) (スワップ損益)
EUR/JPY 65,464円 67,000円 -1,536円
USD/JPY 29,974円 37,600円 -7,626円
EUR/USD 32,376円 32,947円 -571円
AUD/JPY 0円 0円 0円
CAD/JPY 301円 300円 1円
AUD/NZD 137円 140円 -3円
月間計 128,252円 137,987円 -9,735円
年間計 2,892,344円 3,044,333円 -151,989円
全累計 9,459,807円 9,495,483円 -35,676円

株価が大きく騒がせる中、今月の為替はおとなしすぎました。

それでも結果としては先月とほぼ同じ結果となりホッとしています。
C=(^◇^ ;

大きなポジションとなっているユーロ/円が上昇してきたのは個人的に朗報なのですが、ドル安により米ドル/円をはじめとしたペアは一方向にぐんぐん進んでしまっているのが今後どう影響するでしょうか。

現在の設定

通貨ペア 通貨量 仕掛け幅 利確幅 想定レンジ
EUR/JPY 買 1000 10pips毎 100pips 100~135
EUR/JPY 売 2000 10pips毎 100pips 115~150
USD/JPY 買 1000 10pips毎  80pips 95~120
USD/JPY 売 1000 10pips毎 80pips 100~125
EUR/USD 買 1000 20pips毎 90pips 1.00~1.20
EUR/USD 売 2000 20pips毎 90pis 1.05~1.50
AUD/JPY 買 1000 10pips毎 80pips 70~90
AUD/JPY 売 1000 10pips毎 80pips 80~90
CAD/JPY 買 100 100pips毎 100pips 70~90
AUD/NZD 買 100 50pips 100pips 1.00~1.15

※豪ドル/円新規注文お休み中。80円超えたら再開するかも。
※ユーロ/米ドルのロングポジションを想定レンジ1.00~1.30⇒1.00~1.20に変更しています。
※建玉件数上限にかかってしまったので、リスクを変えずにポジション数を段階的に減らしています(例:1000通貨10pips毎→2000通貨20pips毎)。
しばらくは決済ポジションに通貨量の違うものが混じります。

3種のメイン通貨ペア+2つの少額運用ペアで運用しています。

重なるレンジ帯(例えばユーロ/円では115~135円)の範囲で両建てになっています。
重なるレンジ帯(例えばユーロ/円では115~135円)の範囲で両建てになっています。

両建てはスワップのトータル期待値がマイナスになるため抵抗のある方も多いと思いますが、基本的にはスワップ益<値動き益になります。

まずはユーロ/円のようなスワップが小さいペアで両建てを経験してほしいですね。

ループイフダン

今月の決済損益

損益計 (取引損益) (スワップ)
月間損益 56,949円 56,000円 949円
年間損益 1,158,647円 1,079,754円 78,893円
累計損益 2,722,636円 2,543,026円 179,610円

ループイフダンは先月とほぼ同じ決済益。

しっかしグラフはひどい!スカスカです!

11/9だけ突出していますが、まさにその日がファイザー製薬のコロナワクチンデータ発表の日。そして決済益の半分をこの日だけで占めています。

それ以外は・・・ううむ。

現在の設定

運用種類 通貨量 仕掛け数 想定レンジ
米ドル/円 B100 1000 10 95~120
ユーロ/円 S120 1000 10 115~150
豪ドル/円 B80 1000 3 70~90
NZドル/円 B80 1000 1 70~80
加ドル/円 B80 1000 75~90

全てクロス円の取引ですが、ユーロ/円をショート(売り)ポジションで設定しているため、すべてプラススワップ状態で円高リスクを緩和できる状態にしています。

こちらは入金計310万円で、もう2年以上完全放置です。

これくらいの資金と設定のバランスだと長らくほったらかしでも大丈夫ですね。

ある種の理想形です。

CFD手動リピート売買

イギリス100 決済損益

損益計 (売買損益) (価格調整額)
イギリス100 15,301円 14,459円 842円
年間計 -2,118,116円 -2,118,958円 842円
全累計 -1,899,792円 -1,914,520円 14,728円

コロナショックで痛手を受けてから資金不足のため中止していましたが、少量のポジションで再開しています。

今月は9件の決済。決済数も決済益も先月の3倍です!
v(*’-^*)bぶいっ♪

10月末に5,500ポンドを付けたFTSE100は11月末で6,400ほど。
大きく上昇しました。

コロナショック前と同じ運用ポジションだったらこれだけで15万円くらいの決済益になってますね。

・・・まぁとらぬ狸のなんとやらはよしましょうか(-_-;)

またイギリス100は配当(金利調整額)が大きく、ヘタな配当株よりも大きいというメリットがあります。

今月も 841円 の金利調整額が付きました。

これは決済益15,301円の5.5%に当たります。

5%超えなんて日本の株式市場では高配当株に分類されるほどの率。

含み損に耐えて保有するだけでも少しずつ配当が付くので、利益が出るまで待ちやすいです。

イギリス100リピート設定
  • 1注文につき1枚
  • 利確幅100pips
  • 50,000円の資金毎に1枚まで注文可能

詳しい設定はこちらで説明しています。

https://asagi-mattari.com/repeatgmocfd

金(ゴールド)CFD 決済損益

損益計 (売買損益) (価格調整額)
金スポット 13,327円 14,432円 -1,105円
年間計 209,403円 220,467円 -11,064円
全累計 223,294円 235,145円 -11,851円

2019年11月から開始している金(ゴールド)の手動リピート売買。

ファイザーのワクチンニュースをはじめ株式相場が好調。その反動で夏以来下落し続けている金相場はなお一層の下落となりました。

今月の決済は10件ですが、うち9件が月初めに決済されています。

とはいえ先月と比べると好調。4倍以上の決済益です!
ヤッタネ!!(v゜ー゜)ハ(゜▽゜v)ィェーィ♪

ちなみに金のCFDは必要な証拠金が大きめ。ゆえに資金難の浅葱はきれいなリピート売買ができずわりとバラバラなエントリーになってしまっています。

しっかりエントリーできていれば動き自体は大きな金CFDなので、大きな利益になったのではないかと思いますが。ただ無理なトレードは禁物なので自重しています。

金スポット リピート設定
  • 1注文につき1枚
  • 利確幅10~100pips
  • 80,000円の資金毎に1枚まで注文可能

金のリピート売買結果はこちらで説明しています。

https://asagi-mattari.com/resultofgoldcfd/

銀(シルバー)CFD 決済損益

損益計 (売買損益) (価格調整額)
銀スポット 12,402円 12,517円 -115円
年間計 18,699円 18,843円 -144円
全累計 18,699円 18,843円 -144円

先月から開始した銀(シルバー)の手動リピート売買。

今月は12件の決済がありました。先月の倍!決済益もほぼ倍です!

銀スポット運用は金と比べて証拠金が少なくて済むので、資金に乏しい浅葱でもしっかり等間隔で買い下がることができています。

証拠金は1枚当たり1,000円ちょっとからできます。ロスカットしないように安全圏での運用でも20,000円もあればOK。

金のほうがハイリスクハイリターンになります。

資金が少ない方は銀CFDを、資金たっぷりなら金CFDをおススメします。

また銀のメリットとして金利調整額のマイナスが少ない点もあります。

今月の決済益はそう変わらないのに、金利調整額は10倍ほども開きがあるのがわかるでしょうか。

買ったと思ったら下落してしまい保有期間が長くなっても、大きな損失にはなりにくいのが初心者投資家にはうれしいところです。

銀投資はリピート売買に向いていて、金と値動きが似ているため、金と同様の手法で運用できます。

銀スポット 浅葱のリピート設定
  • 1注文につき1枚
  • 注文幅20pips
  • 利確幅100pips
  • 20,000円の資金毎に1枚まで注文可能

インヴァストカード ポイント投資(トライオートETF)

月間損益 0円
年間損益 4,759円
累計損益 6,929円

インヴァストカードでのポイント投資です。

トライオートの変更で収益画面も使いにくくなりました。

インヴァストカードもポイント還元率減少があったため、他の運用に切り替えるかもしれません。

iDeCo 確定拠出年金の運用結果

毎月の拠出金 12,000円
拠出金累計 504,000円
資産残高 570,555円
損益 66,555円
損益率 13.21%
評価損益 76,402円
評価損益率 15.46%
累計手数料 9,847円

iDeCoの収益です。

コロナショックの大きな溝から完全に回復していますね。

iDeCoはドルコスト平均法のように買い付けるので、下がっても買い続けることでリターンは大きくなります。

また税金控除の恩恵もあり、ここで紹介している運用損益以上のメリットがあります。

浅葱の場合iDeCoは資産運用の保険として少額でやっています。

FX自動売買やCFD取引と比べ利益は小さいですが、リスクが低く安定して資産を増やすことができます。

さらにiDeCoは税金の優遇があるので、この損益以上の成果があります。

具体的に言うと、「毎月の拠出金」と「評価損益」に対して税金がかかりません。

老後の資産づくりとしておススメですよ。

https://asagi-mattari.com/resultofideco/

未経験者でもカンタンな運用をしています

早期リタイアという選択肢が一般的に認知されてきた現在、仕事で肉体的、精神的、そして時間的にも消耗する生活から抜け出したいと思う人が増えています。

そのために資産運用を怖がらずに、第一歩を踏み出してみることをオススメします。

浅葱のように「仕事したくない。辞めたい。でも転職とかしたいわけじゃない。」なんて考えているなら特に。

リスクを低く運用するコツは「まずは少額で」「早いうちから始める」の2つ。

貯金の一部だけを使って、今すぐ始めようとする人が長期的にみて成功しています。

浅葱の運用は特にスキルのいらない、ほったらかしでできる初心者向けです。

どれも自分の資金に合った注文をするだけでできますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次