自動売買の解説

FX自動売買 口座開設の方法と必要なもの

FX自動売買口座開設の方法を解説

運用資金が用意出来たら、次は早速証券口座の開設です。

口座開設には数日かかるためさっさと開設して、その間に注文設定を考えるのが効率的です。

といってもFX自動売買、それもリピート売買に絞っても各社少しづつ特徴が違ってきます。

まずはさらっと違いを見てみましょう。

 

リピート系自動売買の各社の特徴

浅葱が運用していておススメなのが

  • 連続予約注文
  • ループイフダン

です。

連続予約注文

【連続予約注文】

連続予約注文はコストの低さがトップクラス!約定力も強く暴落時に違いが出ます。
設定の自由度もトップ!反面注文は手間がかかります。
コストを抑えて利益を追求したい人向け。

マネーパートナーズの口座開設はこちら(開設手順の説明はこちら)

連続予約注文の解説はこちら

連続予約注文初心者向け解説
連続予約注文とは?初心者向けに解説します【FX自動売買】マネーパートナーズの連続予約注文はFX自動売買の中でもコスト最小クラスで約定力もトップ。手間をかけても利益を追求したいコツコツタイプに向いています。メリットデメリットや、逆指値ができない問題の解決法も説明します。...
注文の手間をかけても利益を伸ばしたい人にピッタリです

ループイフダン

【ループイフダン】

とにかく簡単な初心者向け自動売買。
注文は選ぶだけ。マウス数クリックで完結します。
運用に手間や時間をかけたくない人に向いています。

アイネット証券での口座開設はこちら

ひまわり証券での口座開設はこちら

ループイフダンの解説はこちら

ループイフダンとは 簡単設定で初心者におススメ【FX自動売買】FX自動売買の中で特に初心者にオススメなループイフダンについて解説します。注文がカンタンなうえに、デモトレードなどFX自動売買が初めての人にも最適。手数料などコストも低く経験者にもおススメです。...
未経験で仕組みとかよくわからないけどやってみたい人にも最適です

どれを選べばいいのか迷う方へ

ループイフダンが向いている人
  • 全くの初心者
  • カンタンがいい
連続予約注文が向いている人
  • 手間をかけてでも利益をたくさん得たい
  • 少額で始めたい

初心者でよくわからないけど始めてみたいという方は「ループイフダン」がおススメです。

何より簡単ですし、デモトレードができるので入金しなくても注文など練習操作できます。

 

といっても「連続予約注文」が複雑というわけではありません。

こちらは手数料などのコストが最小クラスで、最終的な利益が大きくなることが期待できます。

また他の証券会社ができない少額運用も可能です。

浅葱も連続予約注文から自動売買を始めています。素人でも大丈夫。

 

もちろん浅葱のように両方やっても構いません。

取り扱いのある通貨ペアなども違ってきますし。

とりあえず両方の口座を開設して、様子を見るのも良いかもしれません。

口座開設にはお金がかかりませんし。

それにリスク分散にもなります。

 

でも、資金が十分にないうちは複数同時に運用しても資金効率が悪くなるだけです。

どちらをメインにするかは考えたほうがいいですよ。

 

口座開設に必要なもの

口座開設に必要なものは、

  • 身分証明書
  • マイナンバー(通知書またはマイナンバーカード)
  • メールアドレス(GmailやYahoo!メールなどでも可能)

です。

それとスマホかデジカメがあると便利です。

身分証明書の提出はデータ送信が主流。

スマホのカメラでパシャリ→送信が最も一般的です。

(郵送なども対応していますが、時間がかかります。)

 

実際の口座開設の手順は以下のリンクを参照してください。

マネーパートナーズ口座開設の解説
【連続予約注文】マネーパートナーズの口座開設を解説【画像付き】「連続予約注文」の運用ができるマネーパートナーズの口座開設の方法を画像付きで解説します。PCかスマホのみで申し込め、記入時間は5分程度で完了します。...
アイネットループイフダン口座開設の方法画像付き
【ループイフダン】アイネット証券の口座開設を解説【画像付き】FX自動売買ループイフダンの口座開設の手順・必要書類等を写真付きで解説します。...

オンラインネット銀行の口座も開設しておこう

入出金に必要になります。

無くてもATMから入出金できるのですが、“即時入金反映されない”、“手数料がかかる”、などのデメリットが発生する場合があります。

それ以前に便利度が段違いです。

現在ではネット銀行のほうが普通預金でも利率が良いケースも多く何かと便利ですので、もしお持ちでない方はこのタイミングで口座開設することをおすすめします。

ゆうちょ銀行の口座でも「ゆうちょダイレクト」の申し込みをすることでオンライン決済に対応できるようになります(web上で申込できます)。

地方銀行でもオンライン決済対応が増えていますが、証券会社のほうで提携していないケースが多いため、大手のネットバンキングを一つ開設しておきましょう。

こんな記事もおススメ