金(ゴールド)CFDのリピート運用に最適な証券会社を比較【コストと使いやすさ】

金ゴールドCFD証券会社の比較金・銀リピート

金(ゴールド)投資のリピート売買を始めるには、どの証券会社を使ったらいいの?

金の投資ができる証券会社はいろいろあります。

でもそれぞれ特徴があり、どれがいいのか悩みの種。

そこで金CFDが運用でき、リピート売買におススメの証券会社をここで紹介します。

スポンサーリンク

金CFDの口座 選ぶポイントは?

証券会社を選ぶポイントはいろいろありますが、一番重要なのはコストがかからないこと

投資において運用コストは最重要です

そのうえで、ツールの使いやすさ・わかりやすさや、取扱銘柄数を考慮に入れて決めましょう。

コストが安いところを選ぶ

コストは、

  • 手数料
  • スプレッド
  • 金利調整額(スワップポイント)

の3つで決まります。

このうち、金CFDはほとんどの証券会社で売買手数料が0円なので、残りのスプレッドと金利調整額で差が出ます。

スプレッド

スプレッドとは、買値と売値の差。

この差が大きいほど一回当たりの売買に余計なお金がかかります。

ここが一番大事な比較ポイントです。

スプレッドは常に変動しますが、証券会社各社で一定の目標値を出しています。

金利調整額

金CFDでは買いポジションを日をまたいで保有するたびに、一定のコストを支払う必要があります。

これが「金利調整額」です。

保有コスト、あるいは維持費のようなイメージです。

証券各社によって「スワップポイント」「ファンディングコスト」などの呼び方が変わります。

逆に売りポジションの場合はこれらを「もらう」ことになります。

しかし金相場は基本的に上昇相場ですので、売りポジションでのトレードは初心者にはおススメできません。

ですのでこの金利調整額が小さいほどコストがかからないとみて良いでしょう。

ツールが使いやすいところを選ぶ

リピート売買は細かい注文を何度も入れていくため、ツールの使いやすさ・分かりやすさも大事になってきます。

リピート売買はテクニカル分析をする必要がないため、高度なことができるツールは必要ありません。

なるべくシンプルな作業で注文できるツールがベストです。

また自分の利用環境に応じて、スマホで便利なツールを選ぶか、パソコンで注文しやすいものを使うかも変わってきます。

その他の選択ポイント

上2つよりは優先度は落ちますが、取扱銘柄数も見ておきたいポイントです。

金は「安全資産」と呼ばれるように、株価が暴落したときに値上がりしやすい傾向があります。

ですので株価指数CFDを運用したい場合、同じ口座で運用できる証券会社を選ぶと暴落時のヘッジとしての機能が期待できます。

例えば金と株価指数を同じ口座で運用できれば、どちらかが下落したときにどちらかが上昇しやすいので、全体でのリスクが緩和されますね。

ただし絶対にヘッジになるわけではないので、期待しすぎは禁物。

また銘柄数が増えるほど複雑になっていくので、初心者は逆に銘柄数を抑えたところでの運用が良いかもしれません。

金CFDリピート売買のおススメ証券会社

以下に紹介するところは全て売買手数料は無料です。

GMOクリック証券(金スポット)

特にこだわりがなければここがおススメ!

GMOクリック証券のポイント
  • スプレッドが狭い
  • 使いやすい取引ボード
  • 使いやすいスマホアプリ
  • 個別にロスカットレートを作る安全システム
  • デモトレードが可能
  • ハイレバレッジ型ETF(金ブル2倍ETF・金ベア2倍ETF)がある
  • 注文期限が短い(2週間)
  • 自動ロスカットレートが狭い

コストを考えたらココ!

GMOクリック証券は初心者でも使いやすい口座で、取扱銘柄も多く、CFD運用をするなら抑えておきたい証券会社です。

スプレッドが狭い点が一番のおススメポイント。

リピート売買では繰り返し何度も注文するため、スプレッドの狭さは他とのコスト差として大きく変わってきます。

デモトレードもできるので、まずは使ってみて慣れてから本運用という流れにできます。

取引ツールも使いやすく、スマホアプリもあります。

アプリは外出先でも簡単に注文を入れることができるので、相場状況によっては数時間で約定する金のリピート売買には最適です。

ロスカットのシステムが特殊

またGMOは「セーフティバルブ」という方式を採用。

これは建玉ごとにロスカットレートを設定する方法で、一般の方式のように暴落時に全ロスカットとならずにポジションごとにロスカット判定がされます。

口座内のお金をすべて失う状況(全ロスカット)から守ることができる安全設計です

セーフティバルブシステム
GMOクリック証券より引用

ただしこのロスカットレートは注文時に自動で設定されます。

そしてその値が狭すぎ!

実はほんの少しの値動きでロスカットされてしまう値に自動で設定されてしまいます。

もちろん手動で変更は可能。というか必須ですね。

注文後に個別に手作業でロスカットレート変更を余儀なくされるという面倒なシステムでもあります。

ロスカットレートを必ず手動で変更しないといけません。
このめんどくささがGMOの欠点です。

注文の期限が短い

もう一つの欠点は注文期限が最大で「翌週末」までしかできないこと。

2週間ごとに注文のし直しを迫られます。

ロスカットレートの変更と注文期限の更新、この2つを設定しなおすことが大事。

その分コストは最優秀です。

やっぱりめんどくさい?

でもコストがよく、
こまめな人が利益を伸ばせるCFD口座です。

  • 手数料無料!スプレッドコストも小さい!
  • スマホアプリでもカンタン注文!
  • デモトレードも可能!
簡単5分で登録できます

マネーパートナーズ(Gold/USD)

バランスの取れた使いやすさです。

マネーパートナーズのポイント
  • スプレッドが狭い
  • 使いやすい取引ボード
  • 商品CFDが2銘柄(金・銀)しかない

発注ボードが使いやすい

連続予約注文や代用有価証券などでFX取引には有名なマネーパートナーズですが、商品CFDはゴールドとシルバーの2種類だけです。

とはいえ金のリピート売買をするなら十分。

発注ボードは使いやすく、PCメインで注文するなら便利。

注文の有効期限も当日/週末/無期限で設定でき、注文の手間はGMOより簡単です。

手間がかからないので、毎回注文するのが面倒ならこちらをおススメです。

スプレッドも最強水準に

平時のスプレッドこそGMOクリック証券のほうが狭いものの、キャンペーンにより最狭水準を達成しています。

現在は時間帯限定でのスプレッドですが、FXで最狭水準を達成している証券会社ですので、これからのスプレッド縮小継続も期待できます。

  • スプレッド業界最安水準キャンペーン中
  • 使いやすい発注ボード
※口座開設はFX口座となります。
FX口座開設後に公式ページのトップからCFD口座を利用可能(即時)になります。

DMM CFD(GOLD/USD)

DMM CFDのポイント
  • スワップポイントが小さい
  • スマホツール有
  • 使いやすい取引ボード
  • スプレッドは広め

バランスの取れたシステム

DMM CFDの取扱銘柄数は7つ。程よい数です。

うち株価指数のCFDが4つあるので、金CFDをヘッジとして同口座内で運用できます。

発注ボードは使いやすく、上記で紹介した中では一番リピート売買の注文がしやすいですね。

またスマホツールも完備。アプリではないのでダウンロード不要です。

スプレッドが少し広めなところだけが欠点です。。

  • ブラウザ対応のスマホ取引ツール
  • PC取引ツールも操作性バツグン

【上級者向け】金CFDの証券会社

ここで紹介する上級者向けの証券会社は、初心者や金のリピート売買にはおススメしません。

  • 売買手数料は無料だが、為替手数料はかかる
  • 銘柄数が多すぎる

反面スプレッドがとても狭く、高機能のツールも完備していて、デイトレードやテクニカル分析を多用する方には最適です。

サクソバンク証券

サクソバンク証券は9000以上のCFD銘柄数があります。

金のスプレッドが0.18pipsと非常に狭く、デモトレードもできます。

50オンス以下の取引にミニマムチャージという手数料が別途かかります。

IG証券

17,000以上のCFD銘柄数があります。

スプレッドは0.3pipsと狭く、デモトレードも完備。

ノックアウトオプションにより少ない資金で損失も限定したトレードができます。

自動売買で金CFDを運用できる証券会社

番外編です。

リピート売買がちまちましてめんどくさい!

FXの自動売買みたいにCFDも自動売買のシステム無いの?

という方には、こちらの方法があります。

インヴァスト証券

インヴァスト証券には「トライオートETF」という自動売買のシステムがあります。

その中の「SPDRゴールド」という銘柄が、金の運用になります。

リピート売買は注文の手間がかかるので、完全に自動でおまかせしたい場合はこのようなシステムを利用するのも良い方法です。

自動売買設定時に目安資金も表示されるので、自分の資金に合った運用を選ぶだけです。

自動売買なので便利な分、コストはGMOクリック証券などと比べて不利になります。

コストを重視するか、便利さを重視するかで自分に合ったほうを選んでいきましょう。

トライオートETFでは、完全に注文をおまかせできる『セレクト』のほか、自分で値幅を設置できる『ビルダー』もあります。

  • 完全おまかせの自動売買システム
  • 選ぶだけの自動売買セレクトでカンタン
  • ビルダー機能で自分で設定を作ることも可能

コストと使いやすさが選択のカギ

今回メインに紹介した「GMOクリック証券」「マネーパートナーズ」「DMM CFD」はどれも初心者でも使いやすい証券会社です。

その中でもコストを優先するならGMOクリック証券で運用するのがおススメ。

しかしGMOでの運用は注文の期限とロスカットレートの手動変更が手間になるので、使ってみて面倒だと思ったら無期限で発注できるマネーパートナーズやDMMに移行するのも良い方法です。

タイトルとURLをコピーしました