アーリーリタイア

アラフォーが初めて「夢」を持った話

皆さんは「夢」、ありますか?

僕はずっとありませんでした。

 

といってもそんな寂しいモノでもなかったです。

というか、「夢」って何?

みんな「将来プロ野球選手になりたい!」みたいなものを持ってるの?

 

僕は漠然と「幸せになりたい」なんて思いながら生きてきました。小さいころから、今もずっと。

でもそんなのみんな思ってることだし、それを「夢」なんて呼ばないでしょ?

だから、自分は「夢を持たない人間」だと思ってました。

 

夢も希望もないなんて、とか言うけど、実際そんなの無くたって普通に生きていけます。

まぁでも「希望」はあったほうがいいかな。「希望」の無い人生はお先真っ暗なイメージが出ちゃいます。生きている現状が辛いものに感じてしまいます。

でも「夢」のほうは絶対に必要なものでもないと思ってました。

 

でも今僕は「夢」を持って生きています。

それは・・・

 

仕事をやめ、自由気ままに好きなことをして生きていく

です!

 

(・・・なんか文字におこすとカッコ悪いな(´・ω・`))

 

正直これは多分小さいころから思ってました。自由な暮らしとか最高だなと。

ただ漠然と悪いことだとも感じていました。なまけもの的なイメージが浮かびますし。

というかそもそもこれって「夢」というカテゴリに入れていいのか?欲求とか欲望の枠なんじゃないか?

 

でも今ははっきりとこれが「夢」だといえます。

恥ずかしげもなく堂々と言えるかといったらウソになりますが、自分の中でこれを「夢」だと認識してから、僕の生き方は大きく変わりました。

「夢」は無くても生きれるけれど、「夢」を持つことによって人は変わっていけるのだと実感しました。

 

仕事嫌いの自分

僕は仕事が嫌いです(ほとんどの人がそうでしょうが)。仕事辞めたいなんて毎日考えてます。

 

仕事は自分の自由な時間を大きく消費します。

例えば図書館に来た時、仕事をしてなければ好きな本をたくさん読めるのにとか思っちゃいます。

図書館には膨大な数の本があり、その中の僕の好きなジャンルだけを読んでも何年かかるかわかりません。

でも仕事で奪われる時間のせいで、出会うことなく終わる本がたくさんあるのだろうと悲しくなります。

僕は趣味というかやりたいことは人一倍あるほうです。本だけでなくゲームもしたいしアニメも見たい。アウトドア系のことも結構好きです。

でも仕事を続ければその時間は小さくなり続けるでしょう。

 

また僕の仕事はいわゆるサービス業で、顧客は一般人です。いい人も嫌な人も平等に相手にしないといけません。

このご時世、相手が悪くとも自分が頭を下げなければならないこともたくさんあります。

悲しいことに上司も事なかれ主義な人材が豊富で、客からのクレームがあるとこちらのせいにして無理やり始末書を書かせます。

これでも自分の勤めてる会社はまだましで、よりブラックな会社がごまんとあると聞くのですからひどいものですC= (-。- )

 

このように仕事は時間も精神力も奪い続けるわけで当然辞めたいと思うのですが、辞めていません。

だって生きるためにお金は必要です。給料は大事です。

もし宝くじに当たったら辞めてやるみたいなことをよく考えます。まぁムダなので買いませんけど。宝くじの当選率とかを冷静に分析できる程度の頭はありました。

でも頭はあっても、知識はありませんでした。絶望的に無知で、ここから抜け出す手段なんてあることすら知りませんでした。漠然と自分は定年まで働くんだろうなと思ってました。

 

漠然とした思いが「夢」になった瞬間

僕はひょんなことから投資信託について調べることとなったのですが、そこで「セミリタイア」とか「アーリーリタイア」という言葉を知ります。

(余談ですがセミリタイアという言葉は大橋巨泉さんの発言で脚光を浴びたようですね。僕は世代的にギリギリクイズダービーを知ってる程度ですが。)

そして実際に資産運用でアーリーリタイアを実現した人のブログにも出会いました。

 

アーリーリタイア!これだ!Σ(・□・;)

 

もうこの時の僕はすごい新発見をしたみたいになっていました。

いや、確かに“仕事を辞めて自由に暮らす”なんてぶっちゃけお金だけで解決できる事柄なわけですよ。

でも仕事以外にお金を得る方法が宝くじくらいしか思いつかない無知なる僕です。資産運用とか実際にやる方法など初めて知りました。

しかし「仕事辞めたいという漠然とした思い」はこの時に「アーリーリタイアという夢」になったので、僕はいろいろなブログを参考にして資産運用を始めるという具体的な行動を起こしました。

 

夢は目標に具体性を持たせる

僕はレールの上を歩くような人生でした(人生のレールが敷かれているような裕福な生まれでは全くないですがw)。

でも“自由に暮らしたい”という以前から持っていた「思い」が「夢」に変わってから、それに向かって具体的に進み始めました。

アラフォーが「夢」なんてこっぱずかしいですけど、それって「夢=青春的な何か」だと勝手にイメージしてただけなんですよね。

僕は初めて「夢」を持ったことで、夢とは目標に向かって動く原動力じゃないかと考えるようになりました。

僕の夢は他人に胸を張って言えるような立派なものではないし、むしろ後ろ向きな感じもするものですが、それでも叶えたい夢です。

なのでブログのタイトルにしました。

まだ夢は夢で叶うかどうかもわかりませんが、夢を自覚した時点で自分が変われたことは大きな収穫でした。

皆さんも「夢」を自覚すると、それが行動力に変わるかもしれません無くても困らないものですが、持ってみてもいいものですよ。なんせこんな年齢の僕でも変化が起きたのですから。

なのでこれからも、仕事を辞め不労所得で自由な生活を満喫するために、向かっていこうと思います。

(やっぱりこの夢は文字におこすとだいぶカッコ悪いな(´・ω・`))

こんな記事もおススメ