「仕事がイヤで辞めたいからFIREを目指す」でもいいじゃん

当ページのリンクには広告が含まれています。
仕事がイヤだからFIREをめざしてもいい

「仕事を辞めたいからFIREを目指すのは本質的ではない」という意見が巷にあふれています。

安易に逃げに走ってどうするの?と。

でも私は、仕事がイヤで辞めたいからFIREを目指してもいいと思うのです。

FIREの本質?いやそんなことよりも、自分がどうありたいかのほうが重要だと思うのです。

目次

FIREする人は今の仕事が嫌い

FIREにはいろんなタイプがあるとされていて、完全に不労所得で暮らすものもあれば、ちょっと働いて生活費の足しにするような生き方もあります。

でもFIREする人に共通するのが、今の仕事をしたくないという点。

現在の仕事が気に入っているならFIREする必要なんてないですから。

仕事すべてが嫌いなのか、他の仕事ならいいのか、あるいは現在の職場環境が悪いから逃げたいのか、様々なパターンがあると思います。

でも今の仕事を生涯の仕事にしたくない。だからFIREを目指すのです。

FIREは仕事を辞めて生きていくひとつの手段

仕事を辞めたいからFIREしてもいい

今の仕事がイヤだったらどうするか。

転職や一時的な休職など方法はいくつかありますが、FIREもその中の一つです。

「今の仕事はお金のために仕方なくやってるから転職して他の職になる」

「今の仕事は好きだけどこの会社がイヤだから同業に転職する」

「つらいことがあったから休職する」

などと同じように、

「仕事すべてがイヤだからFIREを目指したい」

「やりたい仕事があるが収入にならないからまずFIREしてから好きなことしたい」

といった具合に。

FIRE達成は簡単ではないものの、自分ひとりの力で行動できるものなので、職場改善して環境を良くするなどといった方法よりもずっと現実的な点も大きいです。

あくまでFIREはいまの仕事を辞める手段のひとつ。

他人の言う“本質”なんか考えず、自分がやりたい方向と一致したらFIREを目指せばいいと思います。

ただしラクをしたいだけだとうまくいかない

ただ一方でFIRE批判が多い理由の一つに、ラクをして生きていたいだけなのではないかという意見があります。

ただの嫉妬のケースもありますが、安易にFIREをブーム化している流れも確かに感じます。

不労所得で生きていくのは理想の一つですね。

でも投資だけでラクして暮らしたいという考えでFIREを目指すのは危険。

数年先のことなんてわからないし、失敗する可能性も。

FIRE卒業なんて言葉もでてきましたね。

実際投資だけでFIREを達成した人もたくさんいますが、やはり運の要素が大きくなります。

FIREを目指すのはラクしたいだけ?

本気で仕事辞めたい?

本気でFIREを目指すなら投資・節約・副業と、できること全てにチャレンジするべき。

それが近道であり、達成の安定度も高めてくれます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次