時間から解放された生活【リタイア生活の日常】2023/3

当ページのリンクには広告が含まれています。

月イチの振り返り日記。

FIRE・セミリタイアの生活は穏やかに過ぎていきます。

目次

生活時間が野生に帰る

紫の朝焼け 日の出前の美しさです

野生動物って太陽を基準に行動しますよね。

だから昼行性の動物は夏は早起きで、冬は遅起き。

一方人間は時計を基準に行動する生き物。

冬まだ日が昇ってなくても7時には起きてるし、夏はもう外が明るいのにまだ5時だからと寝ています。

私も今までは目覚ましをかけて朝起きてました。

しかし朝散歩で動物を撮るようになってからは、大体太陽とともに起きています。

6月7月なんて4時からもう明るいのに、外に人が誰もいなくて、でもスズメもリスも起きて行動している。

天国のようですね。

誰にも邪魔されずに撮り放題です。

そしてそれが健康的で、自分に合っていると感じています。

以前は私も会社の時間に合わせて起きる生活だったし、体がだるくても出勤しなくてはなりませんでした。

睡眠時間が足りているのになんか調子乗らない日ってのもよくありましたが、我慢するしかない。

でも今はとても快適。

身体が疲れている日は1時間くらい起きる時刻が伸びる。

そうやって自然に調整されていきます。

ただ欠点として、冬には起きれなくなってしまいました。

毎朝4時起きを目指して朝活頑張っていたんですが。

ただ4時起きはできても効率よい作業はできない日のほうが多かったので、今のスタイルのほうが自分に合っているのかもしれません。

どうせ4時に起きたって冬は真っ暗で、外に出てもリスも鳥もいませんからね。

ちなみに冬が苦手なだけで、夏は普通に4時起きです。

やったぞー!!

\(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/

今月は人生初、手乗りヤマガラ成功です!

正直人生の中で上位に位置するくらい嬉しいです!

ヘ( ̄▽ ̄*)ノ・ ・.♪ヒャッホーイ♪.・ ・ヾ(* ̄▽ ̄)ノ

ヤマガラは人懐っこくて、江戸時代には飼われていたこともあるみたい。

そんなヤマガラを見て、ハシブトガラやゴジュウカラも集まってきました。

会社に出勤とかあったらそうそう森になんか来れないし、FIRE生活の幸せのひとつかもなぁ。

私のFIRE後にやりたかったことの一つが、「庭付きの家に住んで野鳥を眺めながら過ごす」でした。

でも今回その上位互換のような経験ができ、最高です!

戸建ては北海道の場合除雪が問題になるので、老後はマンションにして、野鳥の出会える近くに住むというのもアリかなぁと妄想してます。

春のにおいが苦手でした

ネコヤナギも芽吹いています

春は気分が重くなります。

春って新しいことがスタートする季節なので、前向きなイメージがあるじゃないですか。

「フレッシュ」とか、「希望に満ちた」とか。

でも私は環境の変化がとても苦手で、毎年イヤでした。

ただ単に嫌いというだけではなく、人生の嫌なことの中で5本の指に入るくらいです。

中学生の頃からストレスで体調に支障をきたすほど。

なので春という気候は好きですが、この時期の雪解け特有の空気を感じるだけで毎日気分が重くなるんです。

でも、もう学校も職場も行かなくていいとなった現在はストレスから無縁の生活を送れています。

ストレスに弱いという人もまた、FIREを目指すべき人間なのかもしれません。

会社がイヤで辞めたいと思っていた私が転職という選択をとらなかったのも、新しい環境に慣れたり新しい関係を構築するのがとても苦手だったというのが大きな理由です。

目指すは行動力

エゾリスの巣作り 枝を一つ一つ集めて完成させます

お金の自由はいまひとつですが、時間の自由を手に入れた現在。

投資での収益は無理をするといけないのでこのままで、ブログをはじめとした他の収益構築を頑張っているところです。

といいたいのですが、行動力のなさという欠点が足を引っ張り、まだまだ成長不足。

かつては8時間以上も会社に拘束されていたんだから、その時間を作業に充てればいいだけなのに、なかなかできない。ダメ人間。

それでも結果が出ていないわけではないので、まだまだ力を入れていく予定です。

すでに大成功をおさめた著名人も必ず本気で頑張っていた時期があるんですよね。

無名時代に頑張っていたからこそ今があるはず。

人に甘く自分にも甘い私ですが、自分には厳しくいくことが今月の目標です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次