マネーフォワードMEは資産運用におススメの家計簿アプリ!

マネーフォワードMEレビュー評判その他の資産運用

家計簿?

以前はつけようとしていたんだけど…

いつの間にかやめちゃった!

皆さんは家計簿とかつけていますか?

あるいはつけたことありますか?

私もつけようとしたことはあるのですが、いつも間にかフェードアウトしてやめてしまってました…

子供のころ親に「おこづかい帳」なるものを渡され、1ページしか埋められなかった人間ですから。

しかし今の時代、そんな私でも続けられる電子家計簿があると知り、使ってみました。

それ以来便利でずっと使い続けています。

資産運用をする人は収支の流れや運用に回せる資金額を知るために家計簿を利用することが有効です。

そんな資産運用をする人にこそ知ってほしい家計簿アプリ『マネーフォワードME』について解説します。

スポンサーリンク

マネーフォワードMEとはこんなアプリ

マネーフォワードMEはお金の流れを“見える化”して一目で確認できるようにします。

グラフなどで今までのデータをわかりやすくまとめられるので、“家計簿をつける”という手間を完全に無くして、運用や節約に活用できるようにしてくれます。

家計簿アプリは他にもいくつかありますが、その中でも資産運用をする人に最適なツールです。

私も「ME」に名称変更される数年前から使っています。自分の資産の把握が容易でとても役立ちます。

\パソコン・スマートフォン対応【Android/iPhone/iPad】/

マネーフォワードMEの特徴

手間なし!自動でデータ入力

あらかじめ金融機関やクレジットカードなどを登録しておくと、自動でデータ連携して表示してくれます。

いちいちカード明細を見て確認しなくても、それぞれの金融機関にアクセスして残高を確認しなくても、マネーフォワードMEのサイトに行くだけでOK。

一括管理の便利さが分かります。

私も資産運用の口座を複数持っていますが、「今月A会社に○○円入金して、B銀行からC口座に○○円移動させて、D銀行から○○円引き出して・・・」なんて把握できません!

しかしこういったお金の流れをほっておくと後で把握するのが不可能な状態になるんです(経験談)。

面倒なこの流れを自動でやってくれるのはとても便利です。

まとめて視覚化!収支の流れが一目でわかる

資産運用していると支出だけでなく収入も複数あったりしてお金の流れが分かりにくくなります。

マネーフォワードMEはその自動で集めたデータを表やグラフ化してアウトプットしてくれるため、資産状況が視覚的に把握できます

マネーフォワードME資産構成

うわっ…FXの割合、多すぎ…?

もっと分散投資しようかな。なんて考えるきっかけになります。

資産の推移についてもグラフ化され、一年前との比較なども見るだけですぐわかるようになっています。

マネーフォワードMEの資産推移

金融機関ごとの個別データもちゃんと表示可能です。

マネーフォワードME金融機関個別

家計簿はつけることが大事なのではなく、そのデータを活用することが大事です

ですので画面を見るだけで分かりやすく把握できるというのは重要なことです。

無料でもスゴイ!無料版と有料版の違いを比較

マネーフォワードMEは月額500円で有料機能が使えます

マネーフォワードME有料機能

上記は一例で、他にも追加機能がたくさんあります。

特に有料版にするメリットの大きい部分は、

  • 連携可能金融機関数が10件まで→制限なしに!
  • データ閲覧可能期間が過去1年分→制限なしに!
  • 家計診断などのシミュレーターが利用可能!

使っている方はさらに便利に使いたくなる機能です。

しかし裏を返せば、「連携するところが10件もないよ」という方などは無料版でも十分です。

無料版でも満足できる機能がそろっています

まず無料版を試してみてください。

そして「連携先を増やしたい」とか「1年以上前のデータも見たい」とか思ったときに有料版に進んでみましょう。

マネーフォワードMEの欠点や注意点とその対処法

連携していないところは手入力でOK

マネーフォワードMEの登録可能金融機関は2500を超えていて、他のサービスと比べてもトップクラスです。

とはいえ全ての金融機関と連携できるわけではありません。

よく使うサービスが提携していなかったら少し残念ですね。

私の場合は2つの金融機関と、クレジットカードが連携できませんでした。

ですが金融機関はメインで使っているところではないので問題ありません。

クレジットカードは引き落とし口座の銀行とは連携できているため、収支フローはしっかりわかります(自払○○カード:-35000円とか表記されます)。

「食費」「光熱費」とか細かいカテゴリ分けが手入力になるだけです。

必要ないのでやりませんけどね。手間をかけないことが一番です。
(ー_ー )ノ”

提携していない金融機関をマネーフォワードMEのデータに反映させたい!という場合は手入力で行うことができます

手入力だと登録上限と別枠になりますので、無料版でも11件以上登録できることになります。

ちょっと手間ですけどね(^^;

あまりお金を動かさない口座ならデメリットにも感じません。

現金派には面倒?いえ、レシートパシャでOK

現金払い主義の方は当然自動でデータ反映されないため少し面倒です。

しかしマネーフォワードMEのスマートフォン版アプリにはレシートを撮影するだけでデータが自動で反映されます

マネーフォワードMEレシート撮影

カテゴリ分けも自動認識。すごいですね。

とはいえやはりレシート撮影も手間になるというのがホンネで、クレジットカードなどの自動データ反映のほうがより便利です。

もちろん手書き家計簿よりは格段に便利ではありますが、なるべくクレジットカードなどのキャッシュレス決済を利用することをおススメします。

セキュリティ対策と個人でできること

マネーフォワードMEは複数の金融機関とデータのやり取りをするため、もし情報漏洩したら大変です。

もちろんそこはマネーフォワード側も特に力を入れています。

マネーフォワードMEセキュリティ

漏洩対策だけでなく、入出金に対して定期的にメールが来ますし、大きな入出金にはその都度アラートメールがされます。

むしろアラートがくることにより、もしカードの不正使用などが起こってもすぐに気づくことができるので安心です。

マネーフォワードMEアラートメール

しかし個人でも対策するに越したことはありません。

パスワードを長くする

基本ですね。マネーフォワードMEのパスワードはなんと8~100文字まで使えますので、忘れない範囲で(笑)長い文字にしましょう。

パスワード管理ソフトを使いとびきり複雑なパスワードにしてもいいかもしれませんね。

また他の金融機関で使っているパスワードを使いまわしたりしないようにしましょう。これも基本です。

不正出金犯罪のよくある手口として、

セキュリティの緩い金融機関からパスワードが漏れる

同じパスワードを使いまわしている他の金融機関に正面から侵入される

不正出金される

このような流れが起きているので、パスワードは口座ごとに変えましょう。

全てを連携しない

例えばあまり使っていない口座はあえてマネーフォワードMEと紐付けせず、いざという時の生活防衛資金置き場とする方法もあります。

よく使う口座だとせっかくのマネーフォワードMEの良さが生かせませんが、あまりお金を動かさない口座なら連携しなくてもデメリットは小さいです。

マネーフォワードMEは資産運用する全ての人におススメ

家計簿アプリは他にもありますが、多くは従来の家計簿を紙から電子化しただけのもので、口座連携機能のあるアプリは少数です。

その中でもマネーフォワードMEは登録可能な金融機関数がトップクラスで、特に資産運用をする方にはイチオシのアプリです。

資産運用をしている人にとって、資金の把握・収支の把握・生活費の把握にはマネーフォワードMEはとても便利です。

資産運用をする人が家計簿を利用するべき理由

資産運用の最初のステップは、自分の資産と収支の把握が重要。
これによって自分にとって投資に使える最適な資金量が分かります。

また収支の変動が把握できるため、自分の現在の生活費が分かり、生活設計を立てる際の要素になります。

家計簿アプリは他にも数多くありますが、証券会社との連携が多いアプリはほとんどありません。

資産運用の視点で考えるとマネーフォワードを使うのがメジャーと言えます。

\パソコン・スマートフォン対応【Android/iPhone/iPad】/

無料版でも十分な機能がそろっています。

セキュリティや使い勝手に不安がある人もまずは少しづつ試してみて、便利だと感じたら徐々に連携先を追加したりして活用することをおすすめします。

追記:資産運用に強い家計簿アプリ「おかねのコンパス」レビュー

マネーフォワードと同等のセキュリティをもつ資産運用に役立つアプリ「おかねのコンパス」がリリースされました。

一目で全資産を見える化できるスマホアプリです。

マネーフォワードMEは無料での使用に制限があり、月額500円を払わないと全ての機能を使えませんが、おかねのコンパスは完全無料で煩わしい広告もありません。

比較して自分にあった方を利用するのが賢い選択ですね。

タイトルとURLをコピーしました