2022/4 リタイア(FIRE)達成しました!詳しくはプロフィールページにて。

アラフォーがリタイア・FIREを決断した経緯

アラフォーがリタイア・FIREを決断した経緯リタイア・FIRE関連

私は2022年に約20年間勤めた会社を辞め、41歳でセミリタイアしました。

リタイアを決断し、行動開始したのは37歳。

今回は30代後半のサラリーマンが、リタイア・FIREに至った経緯について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

「仕事辞めたい」が大前提

まさに氷河期世代。

就職先なんてほとんどありませんでした。

私の会社は本来高卒で入るようなレベルですが、当時は面接に早稲田とか有名大学出身が普通にいて、三流大学出の私は新卒で滑り込めただけでも_( -“-)_セーフ!

浅葱
浅葱

ちなみにここに落ちれば就職浪人でした

なのでやりたい仕事に就いたわけでもなく、我慢して過ごす毎日。

仕事はお金のため。

仕事は生活のため。

嫌いな仕事を心を殺してこなしていました。

理不尽な毎日。

客(という名のクレーマー)優先の事なかれ主義。

本社から計画されるムダ工程。

クレームをたらいまわしにするコールセンター。

仕事で使う道具もまともに配備されず、時間がないのにミーティングや会議は厳守。その上勤務時間は守れという矛盾。定時?なにそれ?人手不足のため日祝まで潰れる。その人手不足もハローワークにまで悪評が立ったから人が来なくなったわけだし。取引先は減っているのに、なぜか増える仕事手順。削るだけ削る人件費。営業ノルマの押し付け(営業部署ではないのに)。削るだけ削る人件費……(以下略)

決してブラック企業というほどではありません。が、絶対にホワイトではない職場。

しかも将来性もなく、我慢しても改善どころか悪化していく環境。

こういう会社、今の日本に多いんじゃないでしょうか。

でも「辞めよう」とは考えませんでした。

理由?ぶっちゃけ“怖い”からです。

転職とかしたことないし。

転職してもうまくいくか不安。

次のところにいっても良くなるかわかんないし。

無駄かも。めんどくさい。

そもそも仕事自体をやりたくない。

仕事辞めたい。でも辞めるの怖い。

仕事辞めたい。でも辞めるの怖い……

浅葱
浅葱

仕事辞めたい。でも辞めるの怖い……

副業とか投資などは頭にありませんでした。

近くに投信やって損した人もいたし。

もともと節約は得意だったので、貯金はありました。

生活費をざっくりと計算して、年200万もあれば余裕で生きられるな、じゃあ1,000万円たまったら5年早く退職できるかも。なんて考えをしてました。

それくらい仕事がイヤで、でも投資や副業というのは思いつきもしませんでした。

セミリタイアってなんだ?

同僚に、「じぶんの積立」という保険を教えられました。

生命保険でありながら特約が無く、満期に払った以上のお金が戻ってくるという珍しいタイプの保険。保険というより貯金みたい。

定期預金でも利息がすずめの涙な昨今、ほんのちょっとでも増えるなら、使わないお金を移しておくのはアリなんじゃない?

浅葱
浅葱

それに生命保険だから年末調整で保険料控除できるし。

そう思って少し詳しく調べました。

生命保険控除を狙うなら、年金保険も見ておこうか。どうせすぐ使わないお金だし。

なになに、「年金保険やるならまずはiDeCoやってからだろ」だと?iDeCoって何?

なるほど、税金控除もあり、さらに投信で運用できてそこも非課税。じゃあ投信も少し調べようか。

「投信がアベノミクスで成功!セミリタイア、仕事を辞めました。」って、セミリタイアって何?

…………………………………………あ。

セミリタイア、そういうのもあるのか!!!

(※当時はFIREという言葉が日本に定着する数年前でした)

初めて夢を持ちました

仕事辞めたい。でも辞められない。

そんな自分は、「リタイア」という言葉にすぐに食いつきました。

その後、「不労所得」なるワードも発見し、最高潮!

大げさじゃなく、生まれて初めての「夢」でした。

倹約家で、貯金はあった。

仕事辞めたいからといって宝くじで1発!なんてやらないくらいには頭もあった。

でも無知で、絶望的に無知で、投資なんて知らなかった。

そんな自分が、行動の遅い自分が、すぐに投資を始めて、休みの日には情報を集め、仕事の日でも昼休みはリタイアした人のブログを漁りました。

元手資金はあるんだ!とばかりに、すぐ口座開設して、投資を始めました。

浅葱
浅葱

当時の自分をほめてあげたい。今でも「すぐ行動」はリタイア・FIREのベストな選択です。

37歳からのスタート。普通は「もう遅い」と考えるような年齢。

でも、今からやれば50歳くらいにはリタイアできるかもしれない。

10年前倒しで退職できるかもしれない。

10年自由な時間ができるとなると、すごいぞ!

その後は紆余曲折あり、ブログを始めてみたり、いろいろありました。

ただ結果として、それから約5年後に、仕事を辞めて無職を満喫している自分がいます。

「仕事辞めたいからリタイア・FIREする」でもいいじゃない!

仕事がイヤ。

転職も怖い。

でも仕事辞めるとお金が無くて生きていけない。

だから両立を目指すためFIREする。

私の行動の源泉は、「仕事辞めたい、でも怖い。仕事しないで生きていたい」という、まじめに生きている人からぶん殴られそうな考えからきています。

でも真面目に生きている人だからこそ、今の仕事に理不尽を感じていたりして、でも適当に仕事したりスルーすることもできず、「仕事辞めたい」という考えに行きつくものではないでしょうか。

「仕事辞めたい、自由気ままに生きていたいからFIREを目指す」でもいいじゃない!

FIREというと「会社に縛られない」とか「経済的自立」とか意識高いワードで説明されがち。

でも仕事から逃げるためにFIREを目指すのもアリだと私は思ってます。

浅葱
浅葱

だってイヤじゃない?あと何十年も我慢して生きるの

その後で、やりたい仕事が見つかれば、あるいはやりたいことを仕事にできればなおハッピー。

私もブログを始めた理由はもちろん生活費の足しにするためでしたが、ブログ自体を好きにもなっています。

でもそんなもの無くてもいいんです。

仕事から抜け出せて、同時に自由な時間を手に入れる、それだけでも最高ですよ。

不安はあります。

もし世界恐慌があって資産が無くなったら……?

もう正社員として働くことはできそうにないぞ?

不安はあります。

でも後悔はありません

浅葱
浅葱

私はリタイア・FIRE生活を始めてから、ストレスが格段に減り、自由な時間が増え、幸せです!

タイトルとURLをコピーしました