4%ルールを目標にする人はFIREできない

当ページのリンクには広告が含まれています。
4%ルールを目標にする人はFIRE/リタイア出来ない

FIRE・リタイア達成にはいくら必要?

FIREに必要な資産を考える際の有名な基準として「4%ルール」があります。

でも、4%ルールでFIREできる根拠は?

そもそも4%ルールでFIRE達成した人現実にどれくらいいるの?

浅葱
浅葱

4%ルールで生きてますっていうFIRE達成者見たことないです

私もFIREを達成しましたが、4%ルールは参考程度。

それよりも、生活費をベースとして収入と支出を考えていくことが大切です。

目次

4%ルールの参考になる点

4%ルールとは

生活費を投資元本の4%以内に抑えれば資産が目減りせず、30年以上経過しても資産が0になる可能性はとても低いとする考え。
生活費25年分の資産を用意すれば一生それだけで生活し続けられるかもしれません。

4%ルールの便利な点は何と言っても「FIREするのにいくら必要?」という疑問に答える基準となる点。

FIREという生き方を知ってもどれくらいの資産があればいいかわからない、という人に対して明確な数値目標が出せるところです。

いくら必要かわからなければFIREの行動も開始できませんので、その目安として優秀です。

それに運用先が米国市場を想定しているところもポイント。

アメリカは大国なうえにずっと右肩上がりの成長を続けてきたため、安定性・安全性の面でも良い投資先といえます。

4%ルールの良い点
  • FIREにはいくら必要?の明確な数値目標になる
  • 米国市場への投資はなんだかんだいっても安定

4%ルールの落とし穴

もちろん4%ルールはいろいろ欠点もあります。

一番は未来予測の不確実性。

今後も4%で成長できる保証なんてないし、戦争・円安・災害など外的要因で大ダメージを受けることもあり得ます。

そもそも4%ルールを提唱した大元のシミュレーションでも、5%の人がFIRE失敗に終わってます。

5%が退場って無視できない数字ですよね。

4%ルールの悪い点①
  • 絶対の安全はない

また時間がかかりすぎるのも欠点。

生活費の25倍の資産って、貯め終わるまでに何年かかりますか?

例えば月生活費が20万円だったら、20万×12カ月×25倍で6,000万円です。

……無理じゃない?

しかも4%ルールは税金などを考慮していないシミュレーションです。

税金・年金・保険料……25倍じゃ足りないかも。いくら上乗せしないといけないんだろう。

4%ルールの悪い点②
  • 達成までに時間がかかりすぎる

4%ルールの一番怖いところは「コツコツやればOK」に感じる点

そして4%ルールの一番怖いところは、我慢すれば達成できそうな気がする感じを受けるところ。

25倍の資産貯めるまで我慢さえしてしまえば、あとは悠々自適な暮らしが待ってるかのようなニュアンスがあるところです。

「資産が一生目減りしない」とか夢のようなワードですね。

特に日本人は「配当生活」「不労所得」なんて言葉に弱いし、「コツコツ」という言葉は神格化されてる印象。

「コツコツ頑張ってる」って聞けばちゃんとしてる人みたいに聞こえますよね。

でもそれって、ホントに頑張ってる?

我慢だけしてなにもしてないだけじゃない?

浅葱
浅葱

生活費25倍の資産を目標にするのはアリですが、4%ルールを語る人って投資しかしてない人が多いです。

投資はFIREに必須ですが、ただの手段。

節約とか副業とか給料アップとか、FIREするには他の手段も頑張ることが大切です。

それをやらずに、10年経って、FIRE資金貯められませんでした~とか、暴落があったからあと5年延ばしますとか、なったりしませんか?

4%ルールで成功するにしても失敗するにしても、結果が出るのは何年も先のこと。その時になってダメでしたという結果が出るかもしれないのは怖くないですか?

4%ルールの悪い点③
  • 我慢すればいつか報われる気がしてしまう

FIREは投資だけにとらわれちゃダメ

私はFIRE達成に向けていろんな人を参考にしてきました。

投資手法を見ても「米国株」「ETF」「仮想通貨」「高配当株」など様々。

でも、4%ルールを守って達成しました!なんて人は見たことありません。

(もちろん見たことないというのは、コツコツ4%ルールを守ると何年もかかるのでまだ達成者が乏しいのが最大の理由でしょうが。)

25倍の資産は目標にはなりますが、盲信してはいけないルールです。

一番ダメなのは、4%ルールだけを目標にしてしまうこと。

副業、生活費の抑制など、多角的に進めることで安全度も上がり、FIRE達成も早まります。

ホントにFIREしたいなら、投資をしたうえで、他のことにもチャレンジしていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次