アーリーリタイア

リタイアと賃貸VS戸建て どちらが得かより重要なこととは?

賃貸と戸建て

こんにちわ。

爆発したり壁がなかったりと最近の賃貸業界もいろいろあって、うちの住まいは大丈夫だろうかと心配な浅葱です。

皆さんはどんな住居にお住まいですか?浅葱は子供のころからずっと賃貸暮らしです。戸建てに憧れます。

リタイア達成後は戸建てに住みたいなぁ。

 

賃貸VS戸建て、どちらが得かというのは定期的に話題になりますね。あとマンション。

そしてきのこたけのこ戦争よりも決着がつかない議論として有名ですが、浅葱はどちらが得かでの選択は重要とは考えていません。

金銭的な視点より、他の視点で選択したほうがいいんじゃないかと。

 

リタイア後の住まいにのポイントについて考えてみました。

 

 

リタイア後の住まい 持ち家?賃貸?マンション?

早くから決めておくのも大事

リタイア達成前からリタイア後の住まいを考えるのもどうかと思わなくもないですが、住居費は生活費に占める割合が大きいため早くから方向性を決めるのも良いと思います。

リタイアに向けたモチベーションアップにもなりますしね。

不動産のサイトで物件探しするだけでも結構楽しいですw

リタイアの準備資金も変わってきますので、急ぐことではありませんが賃貸にするとか戸建てを買おうかとかを決めたほうが良いです。

 

どれが得?人それぞれです!

「賃貸 戸建て」とかで検索するとたくさんの“どちらが得か”が出てきます。

しかしどの場合も前提となる条件がバラバラです。

「5000万円の新築と家賃8万円の賃貸で比較して…」なんてどうしてその価格の比較なのか言及されていなかったりします。

そもそもそれぞれのライフスタイルで大きく変わりますのでどちらが得かは結論が出ないので、

\(・_\)その話は (/_・)/おいといて

実際リタイアした人の例を見ると、どのケースもあるんですよ。しかも後悔したという話は驚くほど聞きません。

どれか得かではなく、どれに住みたいかで決め、そのためにどうしたらいいかで考えればいいと思います。

 

メリットデメリットは?それこそ人それぞれです!!

戸建てにも賃貸にもマンションにもメリットデメリットは数多くあります。

例えば戸建ては住むところが確保されている安心感があるとか自然災害があったらどうするのとか。

賃貸なら隣人とのトラブルでも転居しやすいとか老後に借りられなくなるとか。

でもそれこそ人によって大きなメリットになったり大したことないデメリットだったりするものなので、やはり自分の住みたいところを選択するのがベストです。

 

例えば浅葱は戸建てがいいなぁと考えているわけですが、それはインドア派だから住環境が大事だからだとか、DIYとか部屋づくりが趣味なので制約の多い賃貸より自由な戸建てがいいなとか、楽器とかカラオケとか迷惑かけずにできるとか、きっと将来独居老人になるから終の家が欲しいなとか、(´▽`)想像するとうっとりします・・♪

皆さんはどうですか?想像(妄想?)すると夢が広がりませんか?

リタイア後の住まいはまずメリットを考えて決め、後からデメリットをなくす努力をするほうが後悔が少ないと思います。

 

デメリットを考えすぎるよりも資金対策を万全にするほうが近道

住環境のデメリットはそれこそたくさんあり、あらかじめ対策することが難しいと思います。というかあらかじめ対策することが無意味なものも多くありますよね。

例えば戸建てでご近所トラブルがあったらどうしようとか、実際住んでみてトラブルがなかったら対策すること自体無駄になりますから。

デメリットの多くもお金で解決できる類のものがほとんどですので、あれこれ対策するよりまずは資金準備の対策のほうが先です

家やマンション購入も賃貸生活を続ける場合も資金準備がハードルとなりますので、どちらにしろまずはキャッシュフローを考え、購入費や家賃代+αを準備することが先です。

 

まとめ

リタイア後の住居については、

  1. 住みたいところに決め、
  2. 十分な資金を準備する。

というシンプルな考えでいいと思います。

戸建てと賃貸どちらが得かなんてケースによって変わりますし、将来どうなるかなんてわかりません。

トラブルがあった時に対処できるように資金準備しておくことのほうが大事です。

 

 

こんな記事もおススメ