CFD取引

【ループ株365】くりっく株365をループイフダンで自動売買に!

こんにちわ( ゚ ρ ゚ )

お金は欲しいけど頑張りたくない浅葱です。

え、矛盾してるやろって?

いやいや仕事したくないからお金が欲しいのに、お金欲しさに頑張ったら本末転倒じゃないですか(ダメ人間)。

だから資産運用の情報アンテナだけは張り巡らしてありますよっと。

 

そんな中、ループ株365というサービスがひまわり証券より開始されたのを知りました。

これはくりっく株365にループイフダンの自動売買システムを組み合わせたものになるようです。

くりっく株365とループイフダン両方やっている僕としてはとても気になります。

詳しく見てみましょう。

 

ループ株365の特徴

あのFX(外国為替証拠金取引)で大人気だった「ループ・イフダン」がくりっく株365でもトレードできるようになりました。
それがひまわり証券のくりっく株365用自動売買システム「ループ株365」です。

どんな相場も一直線に上昇や下降をすることはありません。
上下動を繰り返しながら少しずつ動いていきます。
その上下動を狙って小刻みに、そして着実に利益の積み上げを狙います。
それがループ株365です!!
まさに、相場の特性を味方に付けたトレード手法です。
難しい設定は必要なく、初心者の方でも簡単にループ株365取引が出来ます!

ひまわり証券公式サイトより抜粋

まさに名前の通りくりっく株365+ループイフダンですね。

(↑公式サイトに移動します)

くりっく株365の4つの株価指数(日経225・NYダウ・DAX・FTSE100)はどれも長期的に見て上昇していて、そのうえでループイフダンの力で短期的な上下変動も収益に変えていけそうです。

 

ループ株365の特徴とメリット

配当がもらえる

特にFTSE100は配当が大きく、配当目的のみで積み立てる人も多いですね。

FTSE100の1枚当たりの配当金です(2018)↓

FTSE配当額
(個人的にはトルコリラ投資なんかよりずっといいと思うんだけど・・・)

長期投資に安定のレバレッジ2~3倍での運用でも年率10%に迫る配当になります。

長期投資視点で見た場合これは大きなメリットで、含み損を抱えた状態でも配当が積みあがっていくのは利益だけでなく精神的にも安心材料ですね。

レバレッジ

FXと同じように少ない証拠金でも大きな取引ができます。

長期投資の場合かけすぎはいけませんが、リターンに直結するものでもあるのでできるとできないじゃ大違いです。

24時間取引可能 祝日もOK

くりっく株365はデイトレード向きではなく、ましてや自動売買のループ株365の場合あまり関係ないのではと思っている方もいるかもしれません。

しかし日本の時間外に海外で大きな変動があった時、対処でき得るのはメリットになります。

上下の変動を利益にできる

これこそがループ株365で自動売買化になった新たなるメリットです

くりっく株365は4つの株価指数の取引ですので基本的には上昇します。しかしもちろん常に上昇し続けるわけではありません。

一度下落してまた上昇して元の位置に戻る、その場合保有したままだと何も変わりませんが、ループ株365の場合下落時に新規ポジションをとり元の位置に戻った時に決済されて利益になります。

つまり保有したままでは含み損の増減でしかなかった相場の上下を利益にできるわけです!

 

ループ株365のデメリットや注意点

もちろんループ株365も万能ではありません。しっかりとデメリットを把握しておきましょう。

手数料とスプレッドが大きい

FXの場合手数料無料・スプレッドも極小というケースが多いですが、ループ株365の場合これが大きめです。

おそらくループ株365をするうえで一番の懸念材料です。

まずひまわり証券のくりっく株365の手数料は1枚当たり片道147円、新規と決済合わせて往復294円かかります。

さらにループ株365の投資助言報酬として1枚当たり片道147円、新規と決済合わせて往復294円かかります。

またくりっく株自体がスプレッドが大きいので、実質コストはさらに大きくなります(スプレッドは相場の荒れ具合によって変動することがあります)。

 

これで利益が取れるのか?・・・ぶっちゃけいうと取れます。

1枚当たりの決済益は指数が100ポイント動くと1万円となります。

(決済益+配当益)-(金利+手数料+投資助言報酬+スプレッド)=総利益ですから、決済益と配当益が大きいため総利益もきちんと出ます。

しかしFXの自動売買のような低コストと比べるとどうなんでしょうね。

FTSE100の場合は大きな配当があるのでコストをチャラにできるかもしれませんし、比較は難しそうです(^^;

ちなみにくりっく株365の手数料はひまわり証券の147円(税込)が業界最安ですので、ループ株365のシステムを使わない場合でもひまわり証券での口座開設をおススメします。

必要な証拠金が大きい

くりっく株365の最小単位は1枚、その一枚に必要な証拠金はFXの1万通貨くらいを考えておきましょう。

◎くりっく株365の必要証拠金(1枚当たり)

くりっく株証拠金

◎比較:マネーパートナーズFXの必要証拠金(1万通貨当たり)

マネーパートナーズ証拠金

◎比較:アイネット証券FXの必要証拠金(1000通貨当たり)

アイネット証拠金

※各社の必要証拠金は変動します。

FTSE100は他に比べ証拠金が低いですが、それでもループ株365で安定した長期運用を考えた場合、最初に100万円くらいは準備しておきたいところです。

 

一方FX自動売買はおおむね1000通貨単位から取引できますし、僕が運用している連続予約注文のマネーパートナーズFXnanoでは100通貨単位から取引できます。

連続予約注文初心者向け解説
連続予約注文とは?初心者向けに解説します【FX自動売買】マネーパートナーズの連続予約注文はFX自動売買の中でコストと約定力がトップクラスです。メリットや、逆指値ができない問題の解決法も説明します。...

 

手持ちの資金と相談して、不足する場合はFX自動売買などの運用も視野に入れる、あるいはループ株365のシステムを使わずに自分の資金にあった枚数のくりっく株365取引を考えましょう。

アイキャッチループ株比較
ループ株365と積立運用どっちがいい?【くりっく株365】くりっく株365の積立購入による複利運用か、ループ株365による自動売買運用か、どちらがいいのか比較検証します。それぞれのメリットデメリットや状況によっての有利不利を調べます。配当益のFTSE100や値上がりの大きいNYダウも。...

現物との価格の乖離がある

くりっく株で扱う4つの指標はすべて実際の4つの指標と価格が微妙に違います。

この記事を書いている時点での比較をすると、日経平均の場合、

  • 実際の日経平均株価:22,036円
  • くりっく株365の日経225:22,311円

といった風に開きがあります。

実際の指標を使ったテクニカル分析などはズレる場合もあるかもしれません。まぁループ株365で自動売買を行う場合などはあまり影響がないでしょうが、覚えておいてください。

 

ループ株365おススメの運用方針

配当の大きいFTSE100

やはり他の資産運用ではなかなか真似できない大きな配当を活かすFTSE100での取引をおススメします

配当だけでなく必要証拠金も一番少なくて済みます

FTSE100は値動きが小さめの指数ですので上下の利益は控え目ですが、逆にリスクが少ない運用先といえます。

FTSE運用の場合配当目的ですので動きが少ないことが利点ともなります。

そのうえで下落した場合ループ株365が安値でポジションを拾ってくれるので、効率よく資金を増やせそうです。

リスクはあるが値動きの大きいNYダウと日経225でループ株365

ループ株365の自動売買の特性を生かす場合は値動きの大きいNYダウや日経225の取引もアリです。

しかし値動きが大きいためリスクが大きく、またFTSE100より大きな証拠金を必要とします(FTSEの約3倍)。

必要な資金が大きいためハードルは高いかもしれません。

しかしこの指標は長期的に見ても1日の単位で見ても大きな値動きをするので、波に乗れれば大きな利益になるでしょう。

取引する場合は十分な資金を口座に用意しましょう。

 ちなみに日経225は金利手数料がかからないため相対的に配当が多くもらえます(1枚当たり年35,000円程度)。証拠金を考慮しなければ1枚当たりの金利配当益はFTSEより大きいです。ダウは金利と配当で±0か少しマイナスです。

証拠金と決済幅は大きく!

株価指数は大きく値を下げることもありますので、証拠金は余裕をもって用意しましょう。

長期投資になると思いますので、過去のチャートを参考に大きな下落が来ても耐えられる資金・ポジション量にしましょう。

また決済幅は一番広い設定がおススメです!理由は、

  • リスクが一番小さい
  • 手数料やスプレッドの影響が一番小さくなる(売買回数が少なくなるため)

といったメリットがあるからです。

FTSEの場合配当が大きいので値動きに頼らなくても利益になりますし、ダウや日経平均の場合も動きが大きいので最大幅でもしっかり利益につながります。

リピート系自動売買のシステムはロスカットが大ダメージになりますので、安全第一で運用しましょう。

資金を増やして利益を大きくしたい場合も、決済幅を狭くするよりは広い決済幅のままで枚数のほうを増やしたほうが良いのではと考えます。それほどスプレッドの影響が大きいです。

 

ループ株365は運用経験の少ない方に便利なシステム

ループ株365は本来のくりっく株365の手数料のほかに助言報酬という手数料が147円×2(新規と決済)が余分にかかりますが、配当も決済益も大きいため一回でも多く取引チャンスが増えたなら十分元は取れます。

ほったらかしで運用したい方には特に向いています。

詳しい説明は公式サイトをご覧ください↓

(↑公式サイトに移動します)

ちなみにループ株365のシステムを使わず裁量取引したい!とか積立運用したい!という場合でもひまわり証券のくりっく株365手数料は最安ですので、ひまわり証券で口座開設してからその後で運用方針を決めてもいいと思います。

 

僕も運用を検討したいと思います。

・・・資金ができ次第ですが...( = =)

※追記:資金をかき集めましたので運用開始します。

僕の運用方法はこちら↓

アイキャッチループ株戦略
ループ株365の戦略 特徴を生かすおススメの注文方法はコレ!株価指数CFDの自動売買、ループ株365の最適な注文とは?配当のよさを生かした運用法を解説します。予想される下落幅やロスカットを避けるための資金の額についても。...

 

口座開設の流れはカンタン

口座開設のやりかたをこちらのページにまとめました。

アイキャッチひまわり証券口座
【ループ株365】ひまわり証券の口座開設を画像で解説【くりっく株365】ループ株365をするための、ひまわり証券の口座開設を画像付きで解説します。PCまたはスマホのみで完結し、数分で終わりますよ。...

PCかスマホのみで数分で終わるので、気軽にやってみましょう。

 

 

くりっく株365

ひまわり証券 くりっく株365

こんな記事もおススメ