2022/4 リタイア(FIRE)達成しました!詳しくはプロフィールページにて。

LINE CFDは小額投資におススメ!取扱銘柄や手数料、口座開設方法を解説

少額投資におススメ!LINE CFDのメリットを解説CFDリピート売買

LINE CFDはLINE証券で運用可能なCFD(差金決済取引)サービスです。

LINE証券といえば、1株から買える単元未満株サービス「いちかぶ」で有名な証券会社。

LINE CFDもまた「いちかぶチャレンジ」などの少額投資にうれしいサービスが揃っています。

また多彩な銘柄や、使いやすいスマホアプリなど、その他にもメリット満載です。

LINE CFDについて、取扱銘柄、手数料やコスト、また口座開設の流れなどを紹介します。

スポンサーリンク

LINE CFDの特徴・スペック

LINE CFDの取扱銘柄
  • 日本株CFD(40銘柄・レバレッジ5倍)
  • 外国株CFD(60銘柄・レバレッジ5倍)
  • 指数CFD(25銘柄・レバレッジ10倍)
  • 商品CFD(5銘柄・レバレッジ20倍)
  • バラエティCFD(8銘柄・レバレッジ5倍)

銘柄数・種類が多い

取扱銘柄数は多いですね。

「いちかぶ」のサービスをしているLINE証券ですから、特に株式CFDは多くの銘柄を揃えている印象です。

株式CFDを取り扱う証券会社自体が少ないので、これらを運用したい方には朗報です。

日本株CFD(40銘柄)

ANAホールディングス BASE ENEOSホールディングス INPEX Zホールディングス アドバンテスト エイチ・アイ・エス エーザイ エムスリー オリエンタルランド キーエンス トヨタ自動車 ファーストリテイリング フード&ライフカンパニーズ ペイカレント・コンサルティング マネックスグループ メルカリ ラクス ルネサスエレクトロニクス レーザーテック 楽天 三井住友フィナンシャルグループ 三菱UFJフィナンシャルグループ 三菱商事 商船三井 西日本旅客鉄道 村田製作所 東海旅客鉄道 東京エレクトロン 日産自動車 日本航空 日本製鉄 日本郵船 任天堂 富士フイルムホールディングス 武田薬品工業

外国株CFD(60銘柄)

JD.COM INC JPモルガン・チェース アップル アドバンスト・マイクロ・デバイス アドビ アマゾン・ドット・コム アリババ・グループHD アルファベット クラスA ウーバー・テクノロジーズ ウォルト・ディズニー エッツィー エヌビディア エレクトロニック・アーツ カーニバル クアルコム クラウドストライク コインベース コカ・コーラ サービスナウ ショッピファイ ズーム・ビデオ スターバックス スナップ スノーフレーク セールスフォース・ドットコム ゼネラル・モーターズ ソーファイ・テクノロジーズ チポトレ・メキシカン・グリル ツイッター ティルレイ テスラ デルタ航空 ドアダッシュ トゥイリオ ドキュサイン ナイキ ニオ ネクステラ・エナジー ネットフリックス パランティア・テクノロジーズ パロ・アルト・ネットワークス ビヨンド・ミート ビリビリ ピンタレスト ファイザー プラグパワー ブロック ペイパル マイクロソフト マクドナルド メタ・プラットフォームズ モデルナ モンスター・ビバレッジ ラスベガス・サンズ ルルレモン・アスレティカ ロビンフッド・マーケッツ ワークディ

指数CFD(25銘柄)

eコマースETF イギリス株ETF オーストラリア株ETF クラウドコンピューティングETF クリーンエネルギーETF ドイツ株ETF バイオテックETF リチウム電池ETF 韓国株ETF 金鉱株ETF 次世代NQ100ETF 太陽光発電ETF 台湾株ETF 中国インターネットETF 中国株ETF 日本225先物 半導体指数ETF 米国30ETF 米国30先物 米国ESG ETF 米国IPO ETF 米国NQ100 ETF 米国NQ100先物 米国SP500 ETF 米国SP500先物

商品CFD(5銘柄)

金 銀 原油先物 天然ガス先物 ガソリン先物

バラエティCFD(8銘柄)

ARKイノベーションETF ARKフィンテックETF ARK次世代インターネットETF コモディティ総合ETF ブロックチェーンETF 原油ETF 米国VI 米国リートETF

数だけではありません。

指数CFDには基本の株価指数CFDのほかに、太陽光ETF、半導体指数ETF、米国IPO ETFなど多くの銘柄があります。

バラエティCFDでも話題のARKやブロックチェーンなど、他社CFDを運用している人でも使ってみたくなる銘柄が揃っています。

米国株なら0.1株から!少額で運用可能

CFD(差金決済取引)はレバレッジをかけて運用できるため、元手が少なくても運用しやすいのが特徴。

その上LINE CFDは、米国株CFDを0.1株から取引できるというメリットがあります。

LINE CFDより引用

話題のAmazon株を買いたい!でも高額だから手が出ない!

そんな方にも運用しやすくなっています。

使いやすいスマホアプリ LINEと連動通知も

LINE CFDはスマホアプリの機能が充実しています。

パソコンの取引が中心だった他社と比べて、スマホユーザーをメインに考えられている環境になっています。

パソコンをほとんど使わない・持っていないという方には特におススメの証券会社ですね。

一方でPCで閲覧してもスマホアプリと大差ない画面になるので、PCでのみ操作する方にはメリットが少ないかもしれません。

LINE CFDアプリは口座開設前でもゲストモードで利用可能です。
インストールして使ってみると使用感が分かります。

ゲストモードでは実際の取引はできませんが、銘柄検索したり、チャートの操作を体験するには便利です。

LINE CFDはデモ取引機能が無いので、口座開設前にアプリの使用感を確かめておくことをおススメします。

チャートはテクニカル分析も充実

基本の移動平均線をはじめ、複数のテクニカルチャートを同時に表示できます。

さらにそれぞれのテクニカルチャートの数値も細かく設定可能。

ボリンジャーバンドの標準偏差をいじったり、MACDのシグナルの数値を変えたり、スマホアプリであっても満足の機能が搭載されています。

もちろん自分でテクニカルラインを引くことも可能。

複数のチャートを並べたり横画面で表示できるので、スマホの画面サイズでも快適です。

LINEアプリから通知を受けることも

またLINEアプリから通知を受け取ることも可能

LINEアプリでLINE CFDの公式アカウントを追加すれば、急変動通知・経済指標通知・キャンペーン通知を受け取れます。

他社CFDでもメールでの通知を受け取れますが、LINEを日常使用している方ならこちらのほうが素早く情報を受け取れて便利ですね。

通知も細かく設定可能で、「銘柄ごとに○○%の変動で通知する」といった設定を登録できます。

LINE CFDはどんな人に向いている?

LINE CFDに向いている人
  • 少額で運用したい
  • スマホをメインに使い手軽に運用したい
  • 多くの銘柄から選んで運用したい

投資といえばお金が無いと始められないイメージがあるかもしれませんが、LINE CFDなら少額投資が可能

もともとレバレッジもかけられるCFD取引は資金効率も良く、たくさんの元手資金を用意できない人にも始めやすい運用です。

さらにLINE CFDは米国株CFDを1/10で取引できるため、よりオトクに運用可能です。

またスマホアプリが充実しているので、パソコンを持っていない方やスマホメインで運用したい方にもおススメ

スマホなら注文もサクッとカンタンにできますし、時間をかけずに日常のすき間時間で資産運用できます。

アプリの操作性も良いので、休日はパソコンを使うけど普段はスマホ、という方にも便利です。

銘柄が充実しているのも大きなメリット。

銘柄数が多いため、少額で運用可能な銘柄だけ集めても分散投資ができます。

基本の銘柄はしっかりと揃えているうえで、他社が取り扱っていない銘柄もあるので、他社CFDをメインに運用している方でもサブ口座として開設する価値があります。

LINE CFD口座開設のしかた

LINE CFDは、LINE証券の口座を開設したあとで、取引画面からCFD取引の申し込みをする流れになります。

(LINE FXの口座を持っている方でも、LINE証券の口座が無いとLINE CFDの口座開設ができません)

LINE証券の口座開設は郵送などの手間が無く、スマホだけでカンタンにできます。

LINE証券 口座開設の流れ
  • お客様情報の入力

    こちらから、住所氏名等を入力します

  • 携帯電話の認証

    携帯番号を入力してSMSで認証番号を受け取ります

  • 本人確認情報の入力

    マイナンバーと本人確認書類を送信します

まずはLINE証券の口座開設申し込みをします。

こちらのボタンから公式ページに入り、「無料口座開設を申し込む」というところから申し込みできます。

LINEを使ったことのない方は、そちらの登録も必要になります。
流れにそっていくとLINEのパスワード入力画面になりますので、その時に作ればOK。
作成にはメールアドレスが必要になります。

順序良く入力していくだけでカンタンに口座開設申し込み可能です。

本人確認書類もスマホのカメラで撮影して送信するだけなので、申し込みにかかる時間は全部合わせても数分で完了します。

入力が完了したらあとは待つだけ。

審査後に数日で書留が送られてきますので、そちらのパスワードからログインしてLINE証券の口座開設完了となります。

その後取引画面よりLINE CFDの口座開設申し込みを行えば、最短2営業日で口座利用が可能です。

タイトルとURLをコピーしました