株価指数リピート

【比較】ループ株365とトライオートETF 相場下落時に差が出る!?

ループ株365トライオートETF比較

こんにちわ。

AIの時代が来るなら相場も個人が太刀打ちできなくなるのか不安な浅葱です。

稼ぐなら今のうち(・・?

 

ところで僕は「ループ株365」と「トライオートETF」両方の経験があります。

ループ株365で取引される対象は“株価指数”です。

一方“ETF”は株価指数に連動する成果を目指して運用される投資信託です。

似てますよね。

ならループ株365とトライオートETFは似たような運用結果になるの?

ところが使ってみればこの二つは全く性質の違う運用商品だということが分かります。

 

この二つの自動売買を比較して、どういった作戦が最適なのか考えてみようと思います。

 

 

相場が下落したときの影響

キャピタルゲイン(決済益)を比較

  • ループ株365:暴落時にロスカットされなければ大きな利益につながる
  • トライオートETF:暴落時以降利益から遠ざかる

株価指数は基本的には上昇してゆくものですが、その上昇にはいくつもの下落を挟んでいます。大きな下落を暴落といいますね。

株価が暴落した場合元の位置に戻るためには長い期間が必要になるのが一般的です。

日経平均株価はリーマンショック前の状態に未だに戻っていませんので、それには及ばない暴落でも回復まで年単位の期間がかかることも考える必要があります。

ループ株365の場合

さてループ株365を運用中に暴落が起こった場合、最初に決めた最大ポジション数まで注文を繰り返し大きな含み損を抱える恐れがあります。

が、ロスカットさえしなければその注文されたポジションは新たな利益のもとになります。

相場が回復すれば大きな利益になりますし、たとえ相場が元の位置まで回復しなくても下落した位置でまた上下の値動きがおきれば、その場所で新規注文と決済を繰り返して利益が増えていきます。

こちらの表で見ればわかりやすいでしょうか。

ループイフダン下落時

この表は同社のFX自動売買システム『ループイフダン』の相場下落時の動きです。

ループ株365も同様のシステムですので、下落してそのまま元の位置まで回復しなくても利益を増やしていくことができます。

トライオートETFの場合

一方トライオートETFは違います。こちらのグラフをご覧ください。

ナスダックトリプルライジング

これはトライオートETF人気の注文の一つ、『ナスダック100トリプルライジング』です。

期間収益率25%超という素晴らしい成績です。が、グラフの「実現損益」を見てください。

緑のラインが折れ線グラフの頂点から水平に伸びています。

つまり最高到達点を超えない限り新たな利益が0だということです。

 

トライオートETFはループ株365のように下落時にいくらでもナンピン買いを続けるような注文方法ではありません。

これは暴落時に含み損を大きく増やさないためですが、運用中に暴落が起こった場合元の位置に相場が回復するまで決済益から遠ざかるという欠点でもあります。

また下落時の新規注文が限定的でも設定枚数が多いと含み損も大きくなりますので、決して暴落時にループ株365よりは安全などという結果にはなりませんので注意。

トライオートETFは注文方法をさまざまなものから選べるほか自分で作ることも可能なので下落してもさらに買い増す注文も可能ですが、その場合含み損増加や必要資金増加という欠点も出てきます。

 

インカムゲイン(配当益)を比較

  • ループ株365:ポジションの長期保有で配当益を得る戦略を狙える
  • トライオートETF:ポジションの長期保有で金利支払いが発生し不利に

両者とも決済前のポジションがある場合、決済されるまでの保有期間で金利・配当益が大きく違ってきます。

ループ株365は買い(ロング)ポジションの保有に金利を支払い、配当を受け取ります。

ですのでこのサイトでもおススメしているように配当の大きいFTSE100での取引をしている場合、決済されないポジションがあっても配当益がたまり続ける利点があります

 

トライオートETFも同様に買い(ロング)ポジションの保有に金利を支払い、配当を受け取ります。

しかし人気のレバレッジ銘柄だと配当はほぼなしで、金利支払いがかさみます。

下落すれば元の位置に相場が回復しない限り決済益が出ないのに、さらに金利も取られ続ける2重苦に陥ってしまいます。

それゆえトライオートETFの長期運用には注意が必要です。

 

相場が上昇したときの影響

相場上昇時は両者ともに利益が出る。利益率には差が出る。

相場が上昇中の時は当然両者とも決済益が出ます。

しかし上昇中の細かい下落にも対応できるトライオートETFのほうが利益率が大きい傾向にあります。

ループ株365は細かい動きに対応しようと決済幅を縮めた場合下落時の損失が大きくなりますので、よい方法とは言えません。

 

ループ株365のおススメ戦略

上記から、ループ株365はロスカットされない限り下落しても配当益が積み重なり、決済益も狙えます。

ですのでロスカットされない安全運用がベストですね。

自動売買なので注文は自動に任せて、資金管理をしっかり行いましょう。

ループ株365は最低注文単位が大きいため必要資金も他の自動売買に比べ多いという注意点もあります。

しかし運用自体は簡単で初心者向けであるともいえます。

ループイフダンのようなFXの自動売買のようなレンジを想定したりする必要もなく考え方はさらにカンタンかもしれません。

 

トライオートETFのおススメ戦略

トライオートETFは上昇時に大きな利益、下落時に利益が大幅に減るといったハイリスクハイリターンな自動売買です。

この場合自動売買のメリットであるほったらかし運用ができません。

トライオートETFは底値で買い高値で手じまいといった動きや、下落時に損切りするといった裁量取引のような考え方をする必要が最適かもしれません。

上昇時には大きな利益になりますし、普通のスイングトレードと違い細かい値動きも拾いながら値上がり益を出せるかもしれません。

ただ下落時は含み損だけでなく金利支払いも機会損失も大きいですので、損切したり手じまいするルールをあらかじめ決めておくのも大切になります。

ただこれはあまり初心者向きではないような・・・

どちらにしろ長期運用には適しているとは言えません。

きちんと相場を見て運用しなくてはいけないシステムですね。

 

まとめ

ループ株365戦略

ロスカットを避けるため注文前のポジション枚数や資金管理を徹底する。注文後はほったらかしで可。

トライオートETF戦略

裁量取引のようにエントリーやイグジットのルールを決めておく。

比較すると特性も戦略も全く違いますね。

運用する場合はそれぞれ特徴を理解して始めましょう。

以下の記事にそれぞれ特徴を詳しく載せていますので参考にしてみてください。

【ループ株365】くりっく株365をループイフダンで自動売買に!くりっく株365にループイフダンの自動売買システムを組み合わせた『ループ株365』。ひまわり証券から出たこの商品の特徴や手数料、想定されるデメリットについてもまとめました。...
トライオートETFとは?【ETF自動売買】インヴァスト証券のETF自動売買システム『トライオートETF』についての解説です。メリット・デメリットや、ポイント投資のインヴァストカードについても。...

 

こんな記事もおススメ