ライフスタイル

クレジットカードは節約の味方?敵?

アイキャッチクレジットカード

こんにちわ。

病弱の浅葱ですξξ (+_+ /)

 

先日病院に行ってきました。風邪でした。

その待合室で、普段なら読むことの無い女性雑誌を読む機会がありました。○○○クラブとかです。

表紙に「これが節約術」みたいな特集がのっていて、つい手に取っていました。

そこでは「節約のために、クレジットカードを使うのはやめましょう」という流れになっていてちょっと驚きました。

果たしてクレジットカードは節約の敵なのでしょうか。

 

雑誌の内容とクレジットカード

さてその雑誌の特集ですが、ダメ家計の例が載っていました。

ざっくり記載すると、

家賃   80,000円
食費   40,000円
日用品  13,000円
通信費  10,000円



クレジットカード 35,000円

 

いや、「クレジットカード」ってなんやねん!(# ゚Д゚)

普通クレカ持ちは食費なんかもクレジットカード払いするだろ!

これ、どう考えても家計簿のつけ方が悪いだけでしょ!

 

しかし誌面は、クレジットカードを使わないようにしましょうという流れでした。

「食費は現金払いで、食べ物=お金という意識を付けよう」とさえ書かれていました。

...( = =) 有名雑誌がこんな内容では、日本のキャッシュレス社会は遠いと思わざるを得ないですね。

 

家計簿とクレジットカード

クレカ家計簿

家計簿の内訳に便利

クレジットカードを使っている人なら当たり前のことですが、クレジットカード払いにすると明細に何にいくら使ったか記載されるため、いちいちレシートを取っておく必要がなくなります。

 

クレジットカードを使うほうが家計の把握に適しています。

 

クレジットカードを使えないところは今はあまりないと思いますので、家計簿をつけるなら労力の軽減になります。

家計簿をつけていない方もクレジットカード払いをメインにしていれば大まかな支出の把握になります。

電子家計簿にも

家計簿もわざわざ紙に書く時代ではありません。

さまざまな家計簿アプリがあります。

その大きなメリットの一つが、クレジットカード情報と紐付けできることです。

 

家計簿が面倒だと続かなくなります。

しかし家計簿はつけた後の支出の把握や使い過ぎ項目の洗い出しが重要ですので、家計簿をつけることで燃え尽きては本末転倒。

家計簿の簡略化ができるのは大きなメリットす。

家計簿アプリで資産把握!初心者の資産運用第一歩運用初心者は自分の資産を把握することは大切なことです。ここでは資産把握がどう大切か、そして簡単に資産を把握できる家計簿アプリを教えちゃいます!...

 

節約の敵になるクレジットカードの使い方

個人的にはクレジットカードは節約の味方だと思っています。

しかしここまでクレジットカード払いが敵視されるのにも理由があります。

気軽に利用できてしまう点

財布に現金がなくても買い物ができるため、欲しいものを欲しい時に買えてしまいます。

こうなると翌月の家計が圧迫され、家計の自転車操業になります。

これは買い方の問題でありクレジットカードが悪いのか?と思いますが、こんな使い方をする人間はクレジットカードを持たないほうがいいんでしょうね。

ポイント目的になってしまう危険

毎週〇曜日はポイント2倍!とかありますよね。そういう時につい余計に買ってしまうのが罠です。

『買わないことこそが最大の節約』とも言いますし、ポイント増加分以上の余計な支出になることのほうが多いですよ。

カードのポイント還元率は多くて1.2%。100P貯まるのに8,000円以上かかります。ポイント2倍とか5倍とかのケースでも結構な支払いになります。

ポイントを100P貯めるより100円分我慢するほうが有益です。

一つ目の例と違ってこちらは節約を意識している人でも陥りやすいので注意です。

 

まとめ

 クレジットカードは節約の味方になります(断言)。

僕もクレジットカードで家計の把握をしています。

またクレジットカードのポイントで資産運用ができるなど、新しい使い方も広がっています。

invast card
インヴァストカードはポイントが現金化されて自動投資!実際の運用実績もレビューカードのポイントで自動的に投資ができるインヴァストカード。メリット・デメリットを記します。口座開設や運用の仕方も画像付きで解説。ポイント投資以外にも大きなメリットについても。...

上手に利用して節約につなげていきたいですね。

こんな記事もおススメ